わたしの好きな詩人

毎月原則として第4土曜日に歌人、俳人の「私の好きな詩人」を1作掲載します。

私の好きな詩人 第194回 ―最果タヒ―  萩原 健次郎

2017-03-05 16:58:40 | 詩客

グッドモーニング
死んでしまう系のぼくらに
夜空はいつでも最高密度の青色だ

 と言う詩人がいる。3行は、彼女の3冊の詩集のタイトル。少しコンフューズします。この混乱は何なのだろうかと、私は胸騒ぎする。3冊の詩集は、思潮社→リトルモア→リトルモアと続く。判型は、同一のようで思潮社版だけ、2ミリほど縦長になっている。この不揃いにも胸が蹴られる。あるいは、脛を。最果さん。この名も。昔読んだ、夢野久作の「氷の涯」という小説を思い出させる。どこかに行こうとしているね。極北まで?と想像してしまう。タヒさん。タヒの頭に一本「一」を足せば「死」ですね。蹴られる。

全人類、私のために、生まれてきておめでとう。

故郷の夜景が一粒ずつ、ぼくの皮膚から抜けていく。

一番下品な山河になりたい。

もう子供でないというそれだけの月。

四季にすらなれない感情に、何の意味もないよ。

孤独な人ほど、きれいな人生。

そして永遠に、私にとってきみは死体だ。

 意外に、四季派であることに驚く。「夜空はいつでも最高密度の青色だ」の詩篇の中から、一行として完結していそうな「句」を選んでみた。そうしたら偶々、詩篇の最終行になった。そこには、三つの要素しかからんでいない。一、生。二、死。三、時。抒情詩の真っ当。そうなんだよなあと思う。時の中に温度が混ざる。温度が変わるそれが、生と死と四季なんだよね。すべてが、口語を潤沢に擬装するための詩が用意されている。根は、「私」なんだ。抒情詩の本流でもある。
 ぼくがなぜ胸騒ぎがして蹴られるか。それは擬装の巧みさなのかもしれない。詩の仮構、発語のリズム、あるいはエディトリアルのセンス、造本、その他いっぱい。世界の齟齬を引き受けているね。虚無、らんらんらんと走っている詩人は、かっこいいし。
 ぼくは、圧倒的に好きだ。世界のクレバスにはさまっているのに、その狭隘な場所の現実感を歌うように吐く、詩人が。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の好きな詩人 第193回 ―... | トップ | 私の好きな詩人 第195回 ―... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。