わたしの好きな詩人

毎月原則として第4土曜日に歌人、俳人の「私の好きな詩人」を1作掲載します。

連載エッセー ハレの日の光と影 第1回 ブリングル

2013-12-28 13:25:21 | 詩客

 盆と正月が一緒に来たらめでたいが、クリスマスと正月は離したほうが良い

 

 とてつもなく後悔しているのだが、引き受けたからには書くしかないなという気持ちで、これを書いています。うっかり手をつけてかえってとっちらかったままで正月を迎える残念な大掃除みたいな頭のままで、どこから手をつけて良いものやら。素敵なことも書けないし、これっぽっちもためにならないし、詩歌どころかすべての文学と文豪、あるいは芸術にも関わりのないところでこれを書き続けます。
 
 さて怒涛の13年を終えて14年に突入ですね。午年を迎える前にオルフェーブルも引退し、果たして今年の顔となるスターはどこにいるのか、凱旋門はまだまだ遠いな、などと思いながらスタートする14年ですよ。私事ですが、13年の12月はいつも以上に散らかった1ヶ月でした。受験生をかかえ、腐女子をかかえ、スケート教室から帰ってきて「今日わたしトリプルアクセル飛べた」と言い張り腹筋を鍛えてばかりいる小2女子をかかえ、サンタと家庭教師と女友達と母を使い分けて、女は捨ててないけど、妻の顔なんて微塵もない、女帝であり続けることに腐心した一年の集大成となる12月でした。
 
 そしてお正月。悩ましい季節だな、おい。何が悩ましいかというと、お年玉ですよ、お年玉。お年玉という危険に満ちた慣わし。子供たちは己の収入を増やすために各所に出向こうと精力的にロビー活動に余念がない。お年玉、それはお正月に出会ったすべての身内の子供らに関わってくるという、とてつもなく危険なルール。普段めったに会わない夫の親戚、うちの子供の年齢も名前もまったく記憶にないような、うっすいつきあいでも、それはそれ、お正月に会うともなれば、ちゃんとお年玉が用意されるわけです。ありがたい。いや、ありがたくない。
 
 なぜって、いただきっぱなしというわけにはいかないのがお年玉。諸刃の剣ともいえる恐るべし存在。わが子がお年玉をいただくということは、もちろん相手方のお子様たちにもさしあげるということ、それも仮に敵が大学生、はまだスルーできたとしても、まあ高校生くらいまではあげないといかんなと思えるシチュエーションあるいは守備範囲と言うべきか、つまりはそれがお年玉です。さすがに高校生にサンタは来ないから、クリスマスより一層デンジャラスな一面も垣間見えたり見えなかったりするわけです。
 
 何しろ、日本人、日本文化は多くの異国の文化を柔軟に受け入れ、アレンジを加え、自国の文化として発展させていく懐の広さがあるわけです。古くはバレンタインや母の日なんかも、そして最近のハロウィンの盛り上がりようからも推して量れるというものです。そしてクリスマス。まあ当然我が家もクリスマスを祝います。お正月に餅食って、コマをまわす以上に、クリスマスにケーキを食って、イルミネーションを飾るわけです。もちろんあの赤いコスチュームの白ひげのおじさんも健在です。
 
 イブに間に合うように子供らはサンタに手紙を書きます。彼らはサンタにも限界があるということを考えず、サンタになら何を頼んでも大丈夫という強い信念のもとで手紙を書きます。もちろんサンタは子供の味方です。特に日本のサンタは子供とおもちゃ会社の味方であって、親の味方ではありません。遠く昔、西洋でセント・ニコラスという聖人だった面影は日本のサンタには皆無です。いまやすっかり黒猫や飛脚や密林と変わりません。精力的にプレゼントを配達する、ああ、あの赤いユニフォームはポストの赤だね、というくらい、ただの配達人と化しています。そういうわけで、子供たちは自由奔放にサンタへリクエストをしてくれます。「魔法が使えるようになりたい」「犬が飼いたい」というかわいらしいけど不可能なものから、「WiiUプレミアム(約4万)がほしいです」「ママ、いつもおうちがせまいって言っているから、サンタさんに新しい家がほしいってお願いしてあげる」といった、困惑や憤りやありがた迷惑なものまで、親が「だめ」と言って買わないだろうものなどは、すべてサンタさんにリクエストしてくるわけです。しかも、サンタさんだけ感謝されるのはくやしい、ちゃんと親にも感謝してほしいという意固地な理由から、うちでは親からもプレゼントを贈ります。こうしてクリスマスですでに、青息吐息の懐具合の息の根を止める可能性もあるのがお年玉なわけです。
 
 クリスマスプレゼントからわずか一週間でやってくるお年玉シーズン。もはやジャパニーズペアレンツは引き返せないところまで来てる気がします。リア充爆死しろとか言っている非リアは、なんて平和で幸せなんだとこっちこそ爆死しろと毒づきたいようなめでたい季節。いっそ現金を送るお年玉のほうが滅んでしまったほうがいいか、親が損失を回収しやすいかどうかで一歩劣るクリスマスプレゼントに撤退の時期を早めてもらうかなどと考えながら、結局変わらずの攻防戦が毎年繰り広げられる、そんなお正月。
 
 ところで正月を迎えるにふさわしい詩となると、どんなものを思い浮かべるでしょうか。仮に「新年」とか「元旦」とか入っていても、御託を並べて、めでたさなんてまったくない詩もずいぶんあるのですが、爽やかな気持ちで一年をスタートさせられるような、そんな詩はどれくらいあるだろうかと探してみることにしました。
 
 思いがけず、「新年」「詩」といったキーワードで検索をしている人は多くて、似たようなこと考えるのねと、ちょっと新鮮な発見です。ですが、肝心の詩自体は、河井酔茗(すいめい)の「ゆずりは」、高橋睦郎の詩集「暦の王」、谷川俊太郎「朝」、長田弘の「最初の質問」、中桐雅夫の「きのうはあすに」、サトウハチロウ「お正月さんがいらしたぞ」などがあがっていました。個人的にはあまりピンと来ない、また、数も少なく思えました。わたしだけでしょうか。さて、これを読んでいる方だったら、どんな詩をあげるのでしょうか。「新年の詩なんていうくくりはくだらないし、テーマとしては浅い」とか、理屈っぽいことを言い出すでしょうか。いっそ、21世紀を代表する新年の詩を自分で発表するというのはどうでしょうか。ま、リア充であるわたしには、このくそ忙しい冬休みにそんなことをする暇はないのですが。
 
 さて、正月早々、スタートからまとまりのない文章で皆様へお目汚し感いっぱいなものになってしまいましたが、最後にお正月ということで、わたしが真っ先に思い出した詩を一篇紹介して終わろうと思います。皆様にとって2014年が良い一年になりますように。わたしは元気です(たぶんね)。
 
 
 
 
 
「お正月」     野上房雄
 
 
お正月には
むこうのおみせのまえへ
キャラメルのからばこ
ひろいに行く
香里の町へ
えいがのかんばん見に行く
うらの山へうさぎの
わなかけに行く
たこもないけど たこはいらん
こまもないけど こまはいらん
ようかんもないけど ようかんはいらん。
大きなうさぎが、かかるし
キャラメルのくじびきがあたるし
くらま天ぐの絵がかけるようになるし、
てんらんかいに、一とうとれるし
ぼく
うれしいことばっかしや
ほんまに
よい正月がきよる
ぼくは、らいねんがすきや。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の好きな詩人 第114回 -西... | トップ | 私の好きな詩人 第115回-小... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。