「詩客」自由詩エッセー

「私の好きな詩人」など詩人のエッセーを掲載します。

ことば、ことば、ことば。第15回 日記5 相沢正一郎

2014-05-26 13:11:00 | 詩客

 日記は、①矛盾に満ちています。まず、日記は開かれている。なんでも取り入れます――新聞の切り抜き、勘定書、メニュー、病気、計画書、予定、出会った人物との対話などなど。もし日記の作者が作家だとしたら、作品の構想中の草稿を書き込んだりするでしょう。作家のメモ、スケッチブックでもある。と同時に閉じている――日記作家にとって日記はブライベートな部屋、母胎のように安全な逃避場所でもあります。
 日記作家は、書かれる「私」(行動する者)と、そんな「私」を観察して書く「私」に分裂しています。それから、日記には構造(構成)、論理がない。そんな曖昧性に対して、日付や時間(天候)の記述が厳密。また構築されたまとまりのある物語に対し、日記は時間の流れを切断するように「日付」によって日々を隔てる余白が挟まれ断片化されます。そのため②遠近法の中心のない(モネの「睡蓮」の絵を思い浮かべてください)、始まりもなく終わりのないのっぺりした(すべてが均等な価値)ということになるかと思います。そして、日記作家が過去を振り返って同じような日々の反復を記述していて、じつは③不連続――舵のない船の航海日記。物語の非現実の解放感やカタルシスはないし、本当は日記作者は流れる時間のなかでゆっくり老いていくが、最後にクライマックスがない。
 と、思いつくまま日記をいくつか定義してみました。さて、先月の「日記4」に音楽と宮沢賢治について書きましたが、賢治の詩はとても難解です。その理由のひとつに歩きながら自然と会話する「心象スケッチ」と詩人自身が呼ぶ方法で書かれてることが挙げられます。日々生きる記録が日記――おなじように詩も歩いていて偶然に出会った出来事に驚き、喜び、恐れ、悲しむ。読者にもその息遣い、鼓動がそのまま伝わってきます。長編詩「小岩井農場」をおもいうかべてください。フィクションではなく、そんなドキュメンタリーにも似たスリリングな体験は、カフカの小説にも通じます。カフカは「書くこと」を「ひっかく」と呼び、自分自身を地下に穴を掘り進む「もぐら」に譬えています。ふたりともなぜか未完になってしまう作品がおおい、というのはその為かもわかりませんね。未完といえば、これも冒頭にあげた日記の性格の(②、③)とも共通します。
 難解な理由はほかにもあって、その当時普段からよく使われていた岩手の方言、風俗習慣、また科学者賢治にとってはあたりまえの化学・地学などの用語、そして宗教家賢治の用語なども当人にとっては身近でも読者にとっては馴染のないことば――などです。これは日記のもつプライベートな性格に当てはまります(日記を書くとき、報告書のように用語のいちいちを説明したりしませんよね)。
  「日記4」で、音楽の理論が惑星の運行によって構成された、といったことを書きました。緻密に計算された大伽藍のような構築物――と、日記のように先のわからない偶然に左右される歩行のような作品。現在、宇宙がビックバンによって発生し、膨張する、といった常識をもつ現代人にとって見事に完結した作品に対してリアリティーをもちにくい。不動の星を目印に航海する時代ではなくなった、ということです(③に近づいた、ということでしょうか)。
 宮沢賢治とは一見接点がなさそうな詩人に西脇順三郎がいます。②始まりも終わりもない③遠近法のない長編詩に「旅人かへらず」、「失われた時」、そして二千行にも及ぶ「壌歌」などがありますが、自動記述と呼ぶには意識的にことばの手綱をしっかり握りながら、それでも「心象スケッチ」のように喜び、淋しがり、驚き、おかしがって歩みます。詩は抽象的にも見えますが、たくさんの植物の名称は具体的。歩く速度で読んでいくと、車窓の風景のようにつぎつぎに流れるイメージの残像が重なり、対立する概念が衝突し、読者の脳髄にポエジーが生まれます。日記の矛盾(①)ともひびきあいます。そう詩人の好きな「脳髄」ということばに呼応するように現代のバーチャルリアリズムとも重なります。また古今東西の絶妙なブレンドの魅力。
 最後に、極め付きは古典の『枕草子』。二六〇段に《ただ過ぎに過ぐるもの 帆かけたる舟。人の齢。春、夏、秋、冬。》とあります(③)。日記作者はつねに過去を向いて記述するわけですが、日記は闇が光を自覚させるように死の側から書かれた生の記録、と思われます。小学館の日本古典全集『枕草紙』の解説を要約しますと、清少納言が定子中宮に宮仕えしたのはわずか十年。最盛期と没落に立ち会ったわけですが、そのうちの光輝にあふれた後宮であった時期はほんの一、二年。明るい色調の向日性は、たとえば自分の余命を知ったとき、まわりの日々の断片、生命のディテールに触れ、愛おしさを感じる、そんな感覚に『枕草子』はとても似ている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の好きな詩人 第124回 -... | トップ | 連載エッセー ハレの日の光... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。