お買いモノ考

-欲望なすがまま-

Alden1339 トップリフト交換の比較

2016-11-26 09:16:05 | リペア・メンテナンス


先日触れたトップリフトの交換を紹介します。
依頼したのはAlden1339コードバンチャッカで去年5月にリフトは交換したのですが、ラバー部分が薄いだけでなく耐久性も悪かったようで大して履いてもいないのに交換となりました。
前回同様ダヴテイルで交換しましたので修理の比較をしてみます。
↓【Bonta】今回

↓【都内某修理屋】去年5月


↓【Bonta】今回

↓【都内某修理屋】去年5月

どちらも釘の打ち方は純正同様となっておりますが、飾り釘の処理がBontaの方が断然丁寧です。例の修理屋はパッと見キレイですが釘を見ると非常にチープな処理ですし、釘の間隔も微妙に異なります。まぁ履く分にはもちろん何の問題もないですけどね。好みの問題です。
丁寧な修理屋さんは飾り釘の仕上げがキレイだと最近感じます。
またBontaはヒールの淵にコテを入れてるので印象が異なっていますね。
唯一残念だったのがヒール側面の凹み。
どこかにぶつけたのか、配送中についたのかわかりませんが、 仕上げがキレイなだけに目立ってしまいます。
とは言えラバー部分は前のリフトより厚みがありますし、値段もBontaの方が800円以上安いです。(今回は3,024円)
耐久性は履いてみないと分からないので答えが出るのは暫く先です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再修理とシミ抜き | トップ | Hamilton Aqua Date600 Super... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

リペア・メンテナンス」カテゴリの最新記事