お買いモノ考

-欲望なすがまま-

advintage -オリジナル時計ベルト-

2017-08-08 12:14:12 | 時計


UNION WORKSのThe Upper Galleryという土日のみ営業のショップでadvintageというアンティーク時計のお店が出店しているという情報を聞きつけ行ってきました。何やらスミスなどの英国時計がいくつか販売されているということで興味津々。アッパーギャラリーは以前から一度行ってみたかったのでそれも兼ねての訪問です。

散財続きで時計など買うお金はありませんので、手持ちのスミス用のベルトのみ購入しました。お値段6,480円也。スミスのベルトは以前リザードの物を購入しましたが茶系以外にも一本欲しいなと思っていた所で財布のヒモが緩んでしまいました。。。
丁度販売されていたスミスにもこのベルトが付けられていてイメージしやすかったのが良かったです。

店主氏曰く「スミスの純正ベルトを基に作っており、それに倣い余ったベルトを固定するパーツは2つとも固定しています」とのこと。ベルトに2つこのパーツがある場合、大体は1つはスライドできるようになっています。
ちなみにこのパーツにもちゃんと名称があって固定されている方を定革(ていかく)、スライドできる方を遊革(ゆうかく)というそうです。

芯が入っていないのでご覧のようにかなり柔らかいです。

こちらのベルト、advintageのオリジナルで製造を依頼しているのは時計ベルト専門ではなく鞄を作っている業者だそうです。「普段作っていないものを製造しているので少し粗が見られますがその粗がヴィンテージ時計と融和して雰囲気が出る」という面白い視点から作られています。

スミスのベルトですから当然16mm。表も裏も同じ革を使っているので装着するときによく見ていないと裏表を間違えます。笑

色はネイビーを選択。ブルースチール針と良くマッチしていますね。
実はこのネイビーは現在は生産しておらず、在庫が残っていたので購入することが出来ました。

僕は腕が細いので内側に一つ穴開けをしてもらいました。器具がないとのことでしたがユニオンワークスで対応してくれるとのことでお願いしました。以前、別の靴修理店で時計ベルトの穴開けを依頼した時に千枚通しで突き破ったような穴を開けられたことがあったので一抹の不安がありましたが、杞憂でした。元々開いていたかのような仕上がりで見事の一言でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ケンムールのお掃除 | トップ | REMI RELIEF×BEAMS PLUS Henl... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

時計」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL