作家はゲーテ(1749~1832)以上を目出す者である。

2017年01月03日 15時09分52秒 | 文学・思想、文化に関すること

文化の低い日本!

昔昔、日本の文化は高かった。

しかし、その頃は経済的には弱かったのである。

それでも美意識は高く、真善美に対してはうるさかった。

美意識のないものが天下を取るというこはなかった。

何せ、その時代を象徴する美を築かなければならなかった。

自分の宗教心も世に示さなければならなかった。

文人は極めてその役目を強くし、為政者を支える木鐸でなければならなかった。

鎌倉幕府にしても室町幕府にして象徴的な美の建築を残している。

果たして明治以降の国を司る人に何ができるのだろうか。

愚民政策が相まって愚民の首長が選ばれるだけである。

われわれは国造りに参加しないで個人の遊興に精を出すだけである。

命がけで書いた芥川龍之介が自分の名前を冠した賞に、コンビニアルバイトの作家がいることを聞いたら何と言うであろうか?

笑って応えないだろう。

そんな時代だから股間に毛の生えて出産も経験している姥がアイドルを求めれNHKホールのまえて同伴チケットを求めてプラカードを振り上げて絶叫している。こんな女の股間から生まれでる子供もまた然りである。

コンビニ人間

コンビニの店員になるには高いスキルがいる。

ダイソーでは5万アイテムの商品を記憶しなければならない。

私には到底できない仕事である。

コンビニもダイソーも私の日常を支えて呉れている。

いまでは顔なじみの店員がいないと調子が悪くなる。

この事もまた事実である。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月27日(火)のつぶやき | トップ | 最近おむつが必要になった。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。