入居者もオーナも喜ぶ不動産賃貸経営を目指して

不動産投資を行い、入居者もオーナも喜ぶ不動産賃貸経営を実践中です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

滞納者

2008-02-09 19:47:33 | 不動産経営
久しぶりです。
いつもの滞納者が、また今月もです。管理会社も手間のかかる入居者で大変そうです。収入に見合った部屋に変える方が、いいと思いますが、部屋が気にっているとか。ありがたいですが、普通にしてもらえれば、何も文句はありません。

 管理会社の方とお話して、これ以上滞納が続くようなら、退去していただきたいと話たところ。素直に退去の方向で話が進みだしました。その方が一番幸せになる方法を見つけてほしいと思います。
コメント (10)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

不動産の購入

2007-11-16 20:38:13 | 不動産投資
 最近物件を探しつつ、いろいろと勉強しつつ、不動産投資の面白さと危険なところを考えさせられます。

 物件を買い不動産経営を行う場合、物件を探す、融資機関を探す、管理会社を探す、入居者を探す、○○を探す、どれも「大家にとって良い」または「入居者にとって良い」が頭につくことが大切だと思います。

 ・お金を出せば、物件は誰でも買えます。
 ・金利が高ければ、融資も比較的楽です。
 ・管理会社は、頼めば概ねどこでも引き受けます。
 ・入居者は、家賃を下げるか入居者を選ばなければしなければ見つかります。

 つまり、はじめるだけなら、だれでも出来るのです。

 しかし、最初に買う物件は概ね失敗だと聞いたことがあります。

 なかなか、経験しないと解らないことも多く、購入することを慌てると危険です。

 最終的な収支を考えた経営の視点が重要だと思います。

 ロバート・キヨサキも金持ちの投資の条件に教育と経験の重要性を説明しています。


投資日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空室

2007-09-16 16:23:45 | 不動産経営
 賃貸経営で空室は、不動産経営での大きな問題です。

 どんな理由にせよ解消しなければならないことです。

 原因は、なんでしょう。 ???

 不動産会社が言うのは、一般的に値下げですね。そうでしょうか。

 価格に見合った物件か確認して、それに合わせる投資対効果を考えましょう。

 まずは、自分が住んでもいいと思いますか? 清掃は出来てますか?


 入居者もオーナも喜ぶ不動産賃貸経営
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーナチェンジ

2007-08-10 02:36:16 | 不動産投資
収益物件を購入する場合、そのほとんどがオーナチェンジである。
旧オーナは、対象物件に投資を出来ないか、する気がなくなった状況です。
 ここで、不動産の売買が行なわれ、新オーナに交代が行なわれると、再投資か運用方法の見直しが図られることにより、入居者にとっても良い環境が出来、物件が生まれ変わることが多いと思います。

  健全な不動産の流通は不動産を生かす。ここで社会貢献し入居者に喜ばれ、それに見合った収益を得る。これに参画して収益もあげられば最高の幸せです。

TOPへ
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

満室経営

2007-08-07 22:46:13 | 不動産経営
 不動産経営は、お客様を満足させながら、経営を安定させることがたいせつです。特に損益分岐点を超えた収入が純益となり安定的な住宅環境の提供が可能となります。最後の一室まで入居を確定させ満室経営とすることがなにより大切です。


不動産経営

不動産経営が面白い!!
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加