世の中こりゃあかん話

世の中は、間違った事がいっぱい。それでも前を向いて歩くしかないのだ。

川井重勇都議会議長と自民党都議会のわかりやすい対応

2016-10-14 13:13:02 | 政治

あいかわらずのこの人達。

こんな言い方に何の違和感も無くなりかけている。


小池都知事就任時は、写真撮影も拒否していた 川井重勇都議会議長


都知事の挨拶時も、二人しかいなかった 都議会自民党 



まるで真逆の対応に、皆がびっくりを通り越し、呆れた。



自ら進んで両手での握手や、写真撮影 の川井重勇都議会議長


大勢で都知事の挨拶を待っていた 都議会自民党


この人達は、何のために、誰のために、

このような真逆の対応をしたのか?



選挙を見据えたとしたら、そうとう頭のできが悪い人達のようだ。


都民、いやいや国民全員が、こんな手のひらを反すような人達を、


信じて、都政を任すものか?


ありえない。


もう少し、自分達の行動の一つ一つを 都民がどう感じるか、考えて欲しいものだ。


今、言えるのは、川井重勇都議会議長も都議会自民党も、東京都には必要なさそうだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊洲の問題、議員の不正 あ... | トップ | 味方もなんとなく腹がたつ蓮... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。