キャリア

キャリアに目覚しい成長したいですか?いまから行動しましょう!

LFCS 模擬モード & Linux Foundation Certified System Administrator

2017-05-12 15:04:45 | 日記

すべての受験生はLFCS 模擬モードに順調に合格するのを希望しますが、そんなに簡単ではありません。この試験を準備するあなたは心配する必要がありません。JapanCertの提供する問題集は受験生の試験への合格を保証することができます。我々の最新の問題集を利用して、気楽でLFCS 模擬モードに合格することができます。


JapanCertを選ぶかどうか状況があれば、弊社の無料なサンプルをダウンロードしてから、決めても大丈夫です。こうして、弊社の商品はどのくらいあなたの力になるのはよく分かっています。JapanCertはLinux Foundation LFCS 模擬モードを助けって通じての最良の選択で、100%のLinux Foundation LFCS 模擬モードのはJapanCert最高の保証でございます。君が選んだのはJapanCert、成功を選択したのに等しいです。


LFCS試験番号:LFCS 学習関連題
試験科目:「Linux Foundation Certified System Administrator」
最近更新時間:2017-05-11
問題と解答:260

>> LFCS 学習関連題


 

NO.1 What command will generate a list of user names from /etc/passwd along with their login shell
?
A. cut -d: -f1,7 /etc/passwd
B. colrm 1,7 /etc/passwd
C. chop -c 1,7 /etc/passwd
D. column -s : 1,7 /etc/passwd
Answer: A

NO.2 CORRECT TEXT
The system's timezone may be set by linking /etc/localtime to an appropriate file in which directory?
(Provide the full path to the directory, without any country information)
Answer: /usr/share/zoneinfo/

NO.3 Which of the following commands will change the quota for a specific user?
A. edquota
B. quota
C. quota -e
D. repquota
Answer: A

LFCS 一番   

NO.4 Which of the following files, located in the user home directory, is used to store the Bash
history?
A. .bashrc_history
B. .history_bash
C. .bash_history
D. .bash_histfile
E. .history
Answer: C

LFCS 訓練   


JapanCertは最新のC_HANAIMP_12問題集と高品質の1z1-062問題と回答を提供します。JapanCertの1Y0-401 VCEテストエンジンと9L0-905試験ガイドはあなたが一回で試験に合格するのを助けることができます。高品質の070-768 PDFトレーニング教材は、あなたがより迅速かつ簡単に試験に合格することを100%保証します。試験に合格して認証資格を取るのはそのような簡単なことです。


記事のリンク:http://www.japancert.com/LFCS.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Microsoft 70-734 技術問題に... | トップ | CompTIA CAS-002 資料勉強を... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。