キャリア

キャリアに目覚しい成長したいですか?いまから行動しましょう!

CWNA-106 無料過去問、CWNA-106 ミシュレーション問題

2017-05-17 15:04:43 | 日記

何の努力と時間もなくてCWNPのCWNA-106 無料過去問に合格するのは不可能です。しかし、我々JapanCertチームは力を尽くしてあなたのCWNPのCWNA-106 無料過去問を準備する圧力を減少して規範的な模擬問題と理解しやすい解答分析はあなたにCWNPのCWNA-106 無料過去問に合格するコツを把握させます。試験に失敗したら、あなたのCWNPのCWNA-106 無料過去問の成績書を提供して確認してから我々はすべての費用をあなたに払い戻します。JapanCertはあなたの信頼を得る足ります。


今の競争の激しいIT業界ではCWNPのCWNA-106 無料過去問にパスした方はメリットがおおくなります。給料もほかの人と比べて高くて仕事の内容も豊富です。でも、この試験はそれほど簡単ではありません。


CWNA-106試験番号:CWNA-106 日本語版と英語版
試験科目:「Certified Wireless Network Administrator」
最近更新時間:2017-05-16
問題と解答:120

>> CWNA-106 日本語版と英語版


 

NO.1 In a single channel architecture (SCA) WLAN system, 802.11n (HT) APs should not share an SSID
with 802.11g (ERP) APs.
What is the reason for this recommendation?
A. Client stations would see two different sets of AP capabilities as they roam between APs with the
same BSSID.
B. The additional beacon material in 802.11n beacons would confuse 802.11b/g client stations.
C. The added range of 802.11n APs would cause additional co-channel interference.
D. Beacons from 802.11n APs use 40 MHz channels, while beacons from 802.11g APs use 20 MHz
channels.
Answer: A

CWNA-106 訓練   

NO.2 Prior to association, what parameter can 802.11 client devices measure and use to select the
optimal access point for association?
A. Retry rate of probe request and response frames
B. Signal strength of access point beacons received
C. Proximity to potential access points
D. Average round trip time to reach the Internet DNS server
E. Average round trip time to reach the IP router
Answer: B

NO.3 What statement about 802.3-2012, Clause 33 Power over Ethernet is true?
A. By using CAT3 cabling, you can increase the maximum draw available to the PD.
B. Only endpoint PSEs are supported.
C. Up to 30 watts of power may be provided through an Ethernet cable.
D. Only midspan PSEs are supported.
E. When using CAT5 cabling, you decrease the maximum draw available to the PD.
Answer: C

CWNA-106 日記   

NO.4 As a station moves away from the access point to which it is associated, it changes its data rate
from 600 Mbps to 540 Mbps and then to 450 Mbps.
What IEEE 802.11 term is used to describe this functionality?
A. Adaptive Rate Management
B. Dynamic Rate Switching
C. Modulation and Coding Selection
D. Rate Set Selectivity
E. Multirate Control
Answer: B

CWNA-106 学習   


JapanCertは最新の9A0-382問題集と高品質のC-TSCM52-67問題と回答を提供します。JapanCertの98-367 VCEテストエンジンとHPE2-T27試験ガイドはあなたが一回で試験に合格するのを助けることができます。高品質のJN0-410 PDFトレーニング教材は、あなたがより迅速かつ簡単に試験に合格することを100%保証します。試験に合格して認証資格を取るのはそのような簡単なことです。


記事のリンク:http://www.japancert.com/CWNA-106.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 642-998 テストサンプル問題 ... | トップ | 070-698日本語 受験体験 & 07... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。