認定資格の取得

人生はたくさん面白いことがあります、これを求めて頑張ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Avaya 7130X 参考書勉強に適する最高の問題集を捧げる

2017-05-12 15:15:00 | 日記

NO.1 To route calls to Avaya Aura(R) Messaging (AAM), which routing strategy is used by Avaya
Aura(R) Session Manager (SM)?
A. Network Routing Policies (NRP)
B. Automatic Route Selection (ARS)
C. Registry Routing
D. Automatic Alternate Routing (AAR)
Answer: A

7130X 無料   
Explanation:
Routing policies describe the conditions under which Session Manager will route calls between
Communication Manager and Avaya Aura Messaging.
References: Application Notes for Configuring Avaya Aura(R) Messaging 6.1 as a Voice Messaging
Solution for Avaya Aura(R) Communication Manager 6.0.1 Feature & Evolution Server Using SIP
Trunks and Avaya Aura(R) Session Manager 6.1-lssue 1.0, page 25
https://www.devconnectprogram.com/fileMedia/download/08ad7375-7c2e-4767-929f-
15f4e8130a0d

NO.2 To which other component does the Avaya Aura(R) Application Enablement Services (AES)
Switch Connections connect?
A. Avaya Aura(R) Media Server (AAMS) using H.323
B. Avaya Aura(R) Communications Manager (CM) using SIP
C. Avaya Aura(R) Session Manager (SM) using SIP
D. Avaya Aura(R) Communications Manager (CM) using H.323
Answer: D

7130X 更新   
Explanation:
Adding a switch connection
The procedure include the following steps:
1 .From the AE Services Management Console main menu, select Communication Manager Interface
>
Switch Connections.
2 . On the Switch Connections page, in the Add Connection field, type a switch connection name (for
example Switch1)
For the Secure H323 Connection check box, do one of the following:
* For Communication Manager6.3.6 or later and TLS for the H.323 Signaling Channel (normally
associated with FIPS Mode), select the Secure H323 Connection check box.
* For any previous release of Communication Manager without TLS for the H.323 Signaling Channel,
uncheck the Secure H323 Connection check box.
Etc.
References:
Avaya Aura(R) Application Enablement Services Administration and Maintenance Guide, page 73
https://downloads.avaya .com/css/PS/documents/100171737

NO.3 To set Timers, URI Manipulation, and Header Manipulation that the Avaya Session Border
Controller for
Enterprise (SBCE) will use when signaling to the far-end server; a profile like "avaya-ru" is provided by
default.
When configuring the Server Configuration, you must link to which type of Global profile?
A. Routing
B. Topology Hiding
C. Signaling
D. Server Interworking
Answer: D

7130X ミシュレーション   
Explanation:
The standard Avaya profile "avaya-ru" is cloned for the Call Server Interworking Profile.
The Interworking function of the Global Profiles feature enables the SBCE to function in an enterprise
VoIP network using different SIP protocols.
References:
Avaya Aura Session Border Controller Enterprise Implementation and Maintenance (2012), page 339

NO.4 You want to multiplex all remote workers SIP messages to Avaya Aura(R) Session Manager (SM)
over the same TCP connection, rather than open a dedicated TCP connection for each user.
Which feature needs to be enabled for Avaya Session Border Controller for Enterprise (SBCE)?
A. the Stream Users Over Transport Link feature in the Signaling Interface
B. the Enable Grooming feature in the Advanced tab of the Avaya Aura(R) Session Manager (SM)
Server Profile
C. the Share Transport Link feature in the Advanced tab of the Avaya Aura(R) Session Manager (SM)
Server Profile
D. the Enable Shared Control feature in the Signaling Interface.
Answer: B

7130X 知識   7130X テキスト   
Explanation:
References: Configuring Remote Workers with Avaya Session Border Controller for Enterprise Rel.6.2,
Avaya Aura(R) Communication Manager Rel. 6.3 and Avaya Aura(R) Session Managers Rel. 6.3 - Issue
1.0, page 36
https://downloads.avaya.com/css/PS/documents/100183254


JapanCertは Avayaの7130X 参考書勉強の認証に対して特別な教育ツールで、あなたに多くの時間とお金が使わないようにIT技術にも身につけさせるサイトでございます。JapanCertは専門家チームが自分の知識と経験をを利用してAvayaの7130X 参考書勉強の問題集を研究したものでございます。


7130X 参考書勉強はIT業界でのあなたにとって重要です。あなたは7130X 参考書勉強に悩んでいますか?試験に合格できないことを心配していますか?我々の提供した一番新しくて全面的なAvayaの7130X 参考書勉強はあなたのすべての需要を満たすことができます。資格をもらうのはあなたの発展の第一歩で、我々の7130X 参考書勉強はあなたを助けて試験に合格して資格をもらうことができます。


JapanCertは実際の環境で本格的なAvayaの7130X 参考書勉強の試験の準備過程を提供しています。もしあなたは初心者若しくは専門的な技能を高めたかったら、JapanCertのAvayaの7130X 参考書勉強の試験問題があなたが一歩一歩自分の念願に近くために助けを差し上げます。試験問題と解答に関する質問があるなら、当社は直後に解決方法を差し上げます。しかも、一年間の無料更新サービスを提供します。


7130X試験番号:7130X ダウンロード
試験科目:「Avaya Aura Communication Applications Integration Exam」
最近更新時間:2017-05-11
問題と解答:65

>> 7130X ダウンロード


 

JapanCertは最新のC2090-621問題集と高品質の9A0-392問題と回答を提供します。JapanCertの1Z0-066 VCEテストエンジンとMB2-718試験ガイドはあなたが一回で試験に合格するのを助けることができます。高品質のMA0-103 PDFトレーニング教材は、あなたがより迅速かつ簡単に試験に合格することを100%保証します。試験に合格して認証資格を取るのはそのような簡単なことです。


記事のリンク:http://www.japancert.com/7130X.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | C8010-250 対応問題集、C8010... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。