認定資格

♪!良い気持ちで勉強します!!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1z1-062 試験過去問 & 1z1-062 コンポーネント

2017-05-17 15:17:54 | 日記

最も少ない時間と精力を使ってOracleの試験に合格したいのですか?我々の1z1-062 試験過去問はIT専門家たちの数年の努力成果ですから、あなたの需要を満たすことができます。質高い1z1-062 試験過去問だけでなく、行き届いたサービスを提供します。意向があれば、弊社のホームページをご覧になってください。


JapanCertのOracleの1z1-062 試験過去問の知名度が非常に高いことを皆はよく知っています。JapanCert は世界的によく知られているサイトです。どうしてこのような大きな連鎖反応になりましたか。それはJapanCertのOracleの1z1-062 試験過去問は適用性が高いもので、本当にみなさんが良い成績を取ることを助けられるからです。


1z1-062試験番号:1z1-062 出題内容
試験科目:「Oracle Database 12c: Installation and Administration」
最近更新時間:2017-05-16
問題と解答:248

>> 1z1-062 出題内容


 

NO.1 Which three statements are true about a job chain?
A. It can contain a nested chain of jobs.
B. It can be executed using event-based or time-based schedules.
C. It cannot have more than one dependency.
D. It can be used to implement dependency-based scheduling.
E. It cannot invoke the same program or nested chain in multiple steps in the chain.
Answer: A,B,D

1z1-062 スキル   

NO.2 You are connected using SQL* Plus to a multitenant container database (CDB) with SYSDBA
privileges and execute the
following sequence statements:
What is the result of the last SET CONTAINER statement and why is it so?
A. It succeeds because the PDB_ADMIN user has the required privileges.
B. It fails because common users are unable to use the SET CONTAINER statement.
C. It fails because local users are unable to use the SET CONTAINER statement.
D. If fails because the SET CONTAINER statement cannot be used with PDB$SEED as the target
pluggable database
(PDB).
Answer: C

1z1-062 体験談   1z1-062 科目   

NO.3 Which two are prerequisites for performing a flashback transaction?
A. Block change tracking must be enabled tor the database.
B. EXECUTE privilege on the DBMS_FLASHBACK package must be granted to the user flashing back
transaction.
C. Flashback Database must be enabled.
D. Supplemental logging must be enabled.
E. Undo retention guarantee for the database must be configured.
F. Recycle bin must be enabled for the database.
Answer: B,C

1z1-062 解説集   

NO.4 The persistent configuration settings for RMAN have default for all parameters.
Identify four RMAN commands that produce a multi-section backup.
A. BACKUP INCREMENTAL LEVEL 0 TABLESPACE SYSAUX SECTION SIZE 100M;
B. BACKUP TABLESPACE "UNDO" INCLUDE CURRENT CONTROLFILE SECTION SIZE 100M;
C. BACKUP ARCHIVELOG ALL SECTION SIZE 25M;
D. BACKUP AS COPY TABLESPACE SYSTEM SECTION SIZE 100M;
E. BACKUP SPFILE SECTION SIZE 1M;
F. BACKUP TABLESPACE SYSTEM SECTION SIZE 100M;
G. BACKUP TABLESPACE "TEMP" SECTION SIZE 10M;
Answer: A,B,D,F

1z1-062 ソフトウエア   1z1-062 教本   


JapanCertは最新のMB2-706問題集と高品質のNS0-158問題と回答を提供します。JapanCertの70-698 VCEテストエンジンと70-740試験ガイドはあなたが一回で試験に合格するのを助けることができます。高品質の1z1-347 PDFトレーニング教材は、あなたがより迅速かつ簡単に試験に合格することを100%保証します。試験に合格して認証資格を取るのはそのような簡単なことです。


記事のリンク:http://www.japancert.com/1z1-062.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ACE トレーリング学習 & ACE ... | トップ | C_EWM_91 模擬体験 - C_EWM_9... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。