資格認定

興味があると、一緒に頑張ります!!!

E20-526 過去問、E20-526 テキスト

2017-05-17 16:01:33 | 日記
それぞれのIT認証試験を受ける受験生の身近な利益が保障できるために、JapanCertは受験生のために特別に作成されたEMCのE20-526 過去問を提供します。この資料はJapanCertのIT専門家たちに特別に研究されたものです。彼らの成果はあなたが試験に合格することを助けるだけでなく、あなたにもっと美しい明日を与えることもできます。

現在の社会で人材があちこちいます。IT領域でも同じです。コンピュータの普及につれて、パソコンを使えない人がほとんどいなくなります。ですから、IT業界で勤めているあなたはプレッシャーを感じていませんか。学歴はどんなに高くてもあなたの実力を代表できません。学歴はただ踏み台だけで、あなたの地位を確保できる礎は実力です。IT職員としているあなたがどうやって自分自身の実力を養うのですか。IT認定試験を受験するのは一つの良い方法です。E20-526 過去問を通して、あなたは新しいスキルをマスターすることができるだけでなく、E20-526 過去問を取得して自分の高い能力を証明することもできます。最近、EMC E20-526 過去問の認証資格がとても人気があるようになりましたが、受験したいですか。

あなたのEMCのE20-526 過去問に合格させるのはJapanCertが賢明な選択で購入する前にインターネットで無料な問題集をダウンロードしてください。そうしたらあなたがEMCのE20-526 過去問にもっと自信を増加して、もし失敗したら、全額で返金いたします。

E20-526試験番号:E20-526 全真問題集
試験科目:「XtremIO Solutions and Design Specialist Exam for Technology」
最近更新時間:2017-05-16
問題と解答:68

>> E20-526 全真問題集


NO.1 A storage administrator wants to re-use some of their XtremIO thin provisioned disks attached
to a Microsoft Windows 2012 host.
However, the administrator notices that "Quick
Format" of the drives is taking a long time to complete. This has an impact on the overall
performance.
What should be recommended to minimize the performance impact?
A. Temporarily disable the UNMAP feature on the Windows host during formatting
B. Adjust the execution throttle value on the Windows host
C. Change the disk format to thick provisioned
D. Disable the I/O elevator feature on the Windows host while formatting
Answer: A

E20-526 全真
Explanation:
It is related to TRIM/UNMAP, which is enabled per default in Server 2012(R2).
References:https://serverfault.com/questions/679211/quick-format-of-lun-in-server-2012r2- hosted
-on-a-thin-provisioned-san-vol-take

NO.2 A physical XtremIO Management Server (XMS) has failed and requires replacement.
Which two software packages are required for recovery?
A. XMS image and Xtremapp
B. XMS image and OVA image
C. Xtremapp and OVA image
D. Xtremapp and MPIO
Answer: A

E20-526 対象者
Explanation:
The first step is to re-install the XMS image, in the event it is a physical XMS then you may install an
image via a USB flash drive or for a virtual XMS simply deploy the provided
VMware OVA image.
The following step is to upload the XMS software to the images directory of the XMS and login with
install mode ........
Once logged into the XMS console with xinstall then perform the following sequence of steps:
1 . Configuration
5 . Perform XMS installation only
1 1. Run XMS Recovery
Options to choose when running the "XMS Recovery":
References:https://davidring.ie/2015/02/20/emc-xtremio-redeploying-xms-xtremio- management
-server/

NO.3 Which SCSI instructions are used to build a bitmap of the changes between the first snapshot
and subsequent snapshots when RecoverPoint is used with XtremIO?
A. SCSI DIFF
B. SCSI Update
C. SCSI Transfer
D. SCSI Delta
Answer: A

E20-526 ブロンズ
Explanation:
DIFF protocol - A vendor specific SCSI command which RecoverPoint uses to query
XtremIO with in order to obtain a bitmap of changes between two snapshot sets.
RecoverPoint uses the output of DIFF command to read the actual data and transfer it to the target
side.
References: EMC RECOVERPOINT REPLICATION OF XTREMIO, Understanding the
essentials of RecoverPoint Snap-based replication for XtremIO, page 9
https://www.emc.com/collateral/white-papers/h14296-wp-recoverpoint-replication-of- xtremio.pdf

NO.4 Which operation is performed when an XtremIO Snapshot is created?
A. A deduplication pass is immediately run against the snapshot
B. Space equal to the size of the ancestor is allocated to the snapshot
C. A reserved space is created for new snapshot data
D. Pointers to the ancestor metadata are created for the snapshot
Answer: D

E20-526 過去 E20-526 受験
Explanation:
When a snap is created, the following steps occur:
1 ) Two empty containers are created in-memory
2 ) Snapshot SCSI personality is pointing to the new snapshot sub-node
3 ) The SCSI personality which the host is using, is linked to the second node in the internal data tree
References: EMC RECOVERPOINT REPLICATION OF XTREMIO, Understanding the
essentials of RecoverPoint Snap-based replication for XtremIO, page 8
https://www.emc.com/collateral/white-papers/h14296-wp-recoverpoint-replication-of-xtremio.pdf



JapanCertは最新の200-310問題集と高品質の070-473問題と回答を提供します。JapanCertの300-208 VCEテストエンジンとC_THR91_1611試験ガイドはあなたが一回で試験に合格するのを助けることができます。高品質の70-740 PDFトレーニング教材は、あなたがより迅速かつ簡単に試験に合格することを100%保証します。試験に合格して認証資格を取るのはそのような簡単なことです。

記事のリンク:http://www.japancert.com/E20-526.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HPE0-J74日本語 基礎訓練 - H... | トップ | C_TFIN52_66 試験復習赤本 & ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。