資格あらかると

さまざまな資格についての情報を集めています。

看護師は、16時間などの当直により長時間の勤務となっているので、仕事中に仮眠をとることが可能です。

2017-08-10 16:29:53 | 日記
看護師についていろいろ考えてみました。こんな情報があります。
こんにちは妹とテレビを見ています。久しぶりにPMは掃除をしました。
看護師は、16時間などの当直により長時間の勤務となっているので、仕事中に仮眠をとることが可能です。


月に8回までと国の指針によって決められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。

高齢化が進み、福祉施設であっても看護師のニーズは拡大してきているのです。
それだけでなく、大きな会社になると医務室等にも看護師がいて、健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアを手がけています。


看護士の求人情報は豊富にありますが、希望通りの条件の求人があるワケではありません。




看護師の資格を持つ人で就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)できればいいと思う方は少ないでしょう。
できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤がない場所ではたらきたいと思う方が多いです。

希望通りの病院などに転職するには、情報収集が重要です。

全国において、看護師の年収は平均437万円程度です。

ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均593万円ほどになるのです。

公務員看護師は給料の上昇する率も民間病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。

準看護師の場合ですと、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。


看護師の勤務の形態は、他の職業に比べて特殊であり、就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)先によってもちがいます。




仕事場においては一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているという病院が大半です。




2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制を導入している病院が多いのです。

でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方をもとめる看護師も多いでしょう。



高校に入った時点で衛生看護科に入学すると、他の方法よりも早く、国家試験(国家が行っている特定の資格、もしくは、免許を認定する試験のことです)の受験資格を与えられるので、一番早く、看護師の資格を得ることができるでしょう。
ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変えることは難しいです。
また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが、短い準備期間のために勉強したり、実習をこなす量が少なくて試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。


看護師の国家試験(国家が行っている特定の資格、もしくは、免許を認定する試験のことです)は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格可能な国家試験(国家が行っている特定の資格、もしくは、免許を認定する試験のことです)です。
産業看護師とは、一般の会社に勤務する看護師をさします。

看護師といったら病院、それに、クリニックの印象を持つ人が多いですが、医務室などを設けている会社もあり、そこで働いている人もいます。

仕事の内容や役目は勤務する会社によってさまざまですが、社員達の健康を維持し、管理することは必ずすることだと思います。

修学旅行やツアーなどに随行して、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。
おこちゃまのいる既婚者は土日が休みになっていたり、夜勤なしの職場をもとめています。


病院ではないところではたらくのであれば、その職場に適した専門の知識を有している認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。
産業看護師は従業員の健康が保てるように保健について指導したり、メンタルケアもして、うつ病の防止に努めます。

産業看護師の求人というのは、一般に公開されていないので、ハローワーク等で見つけるのは不可能だと思います。

興味のある方は看護師専用の転職HPを利用して頂戴。

それから、どんな点が大事なのかを決定しておいた方がいいでしょう。
年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件も数え上げておきましょう。




看護士になりたい動機は実際、どんなことをきっかけにして看護師を目指すことになったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。

転職の場合、その理由はこれまでに経験したことを生かしたいもっと誰かの役に立つスキルを身につけたいなど、前むきなイメージをもたせられるものにします。
前の職場の批判や陰口は言わないようにして頂戴。


看護師の勤め先といえば、病院という考えがオーソドックスでしょう。


保健所で、保健師の方と協力して、地域の住民のさまざまなヘルスケアをするのも看護師の役割です。
また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、大概の医療行為を看護師が行ないます。


看護師免許を取るには、何通りかの道すじが考えられます。




看護師の資格を取るためには、国家試験(国家が行っている特定の資格、もしくは、免許を認定する試験のことです)を受験することが必要ですが、突然、試験を受けることは認められていません。

看護師の国家試験(国家が行っている特定の資格、もしくは、免許を認定する試験のことです)に合格することよりも、看護学校卒業の方が難しいと思う人も多いといわれています。
そんなに厳しい学校を卒業し、看護師国家試験(国家が行っている特定の資格、もしくは、免許を認定する試験のことです)にも合格した人は、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。


ボードショーツ メンズ 水着
ハーレー メンズ 水着
ビラボン レディース水着

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 看護師は、16時間などの当... | トップ | 看護師が上手く転職するため... »

日記」カテゴリの最新記事