資格あらかると

さまざまな資格についての情報を集めています。

看護師免許を得るには、何通りかのパターンがあります。

2016-10-18 04:32:34 | 日記
今年注目の看護師?!
こんばんは。家族とご飯に出かけます。あわてて一日がシゴトで忙しかったです。
看護師免許を得るには、何通りかのパターンがあります。


看護師免許を得るためには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなりは試験を受けさせて貰えません。
試験を受ける資格を得るためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護に関して勉強することが必要です。
産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健指導とかうつ病を防止するための精神的なケアも行ないます。
産業看護師の場合は求人が一般に公開されていないため、職業案内所で見つけるのはほぼ不可能です。
転職ホームページでは産業看護師の募集も掲載されることが多いです。



看護士を志望するわけは実際、どんなことをきっかけにして看護師になろうと思ったのかを入れたら印象が良くなるはずです。


転職の際の志望動機はこれまでに蓄えたスキルを有効活用したいもっと誰かの役に立つスキルを身につけたいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてちょうだい。
これまでの職場に対するマイナスのことは言わないようにしましょう。

高齢化が進み、福祉施設でも看護師の必要性は増加傾向にあるのです。
加えて、大会社になると医務室等にも看護師がいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを手がけています。

月に8回までと国の指針で定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。


仕事をしている病院の勤務形態では、規則的な生活ができなくなったり、過労になりやすいのも、看護師が高い割合で離職していくわけの一部と思われます。


仕事の中身、役割といったことは勤務先ごとにちがいますが、社員の健康を守り、そして、管理するというのは必ず行なう仕ことになるはずです。
看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較すると特殊な体制であり、勤め先によっても変わります。



2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。
でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。


看護士の求人は幾らでもありますが、希望と一致する条件の求人があるとは限らないものです。

看護師の資格を持っている方で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。


希望に合う勤め先に転職するためには、情報収集が重要です。


看護師の国家試験に受かることよりも、看護学校卒業の方が難しいと思う人も多いといわれています。
看護学校はそれほど厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年させてしまうようです。
そういう厳格な学校を卒業して、看護師国家試験にも合格した人は、できれば、看護師の職について貰いたいですね。

高校に進むときに衛生看護科に進むと、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、最速で看護師になれるでしょう。
ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員勤務のため、年収は平均して593万円くらいになるのです。


公務員看護師は給料の上昇する率も民間病院よりも高く、福利厚生の点も充実しています。

準看護師の場合であると、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。




看護師の勤務しているところといえば、病院と考えるのが一般の考えでしょう。
しかし、看護師の資格を使える職場は、病院以外にも様々あります。
保健所において保健師と連携し、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の職務です。

看護師がうまく転職するためには、将来の自分のことを想像して早めに行動を起こすことが大切です。
そして、どんな条件を重要視するのかを決めておくことをお勧めします。
病院以外を職場とするのの場合は、働こうとするところに適した専門の知識を有している認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。
看護師になるための国家試験は、1年に1度行われます。
看護師の人数の不足が問題となっている日本のためには良いことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率は90%前後と結構高い水準を示しつづけています。
看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準をクリアできれば合格可能な試験です。


ハロウィン アイテム別コスチューム
ハロウィン セーラー服
ハロウィン 武器

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 看護士の場合、求人はいっぱ... | トップ | 産業看護師は従業員の健康が... »

あわせて読む