資格あらかると

さまざまな資格についての情報を集めています。

看護師国家試験に合格するよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が困難だと思う人も少なくありません。

2017-07-27 00:45:59 | 日記
これから流行りそうな看護師についてです。
最近のニュースは気の重くなるものばかりです。
看護師国家試験に合格するよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が困難だと思う人も少なくありません。


看護学校は沿ういわれるほど厳しく、レポートの提出が遅れてしまったり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年指せられる沿うです。
それほど厳しい学校を卒業し、国家試験も見事に合格した方には、できれば、看護師の職について貰いたいですね。

看護師の勤めているところといえば、病院と考えるのがオーソドックスだと言えます。
保健所で保健師と協力し、地域の住民の健康上のいろんなサポートをするのも看護師の役目です。
産業看護師は従業員の健康が保てるように保健の指導などをしたり、うつ病防止のための精神的な部分のケアも行うのです。


産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、職業案内所でみつけるのは難しいだと言えます。


興味のある方は看護師専用の転職ホームページがありますので、それをご利用下さい。

沿ういったホームページでは、産業看護師の求人持たくさん記載されています。
看護師資格の保有者で就職できればいいと思っている方はあまりいないものです。

できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤がない場所で働きたいと思う方が多いです。

希望通りの病院などに転職するには、情報収集が重要になるのです。

看護師といえば病院、クリニックの印象が強いですが、医務室を設置している会社もあって、沿ういう場所に勤務している人もいます。

シゴトの内容や役目は勤務する会社によってさまざまですが、従業員の健康を守り、管理することは基本的なシゴトだと言えます。
看護師の人数の不足が問題視されている日本のためには良いことに、ここ数年における看護師資格の合格率は90%前後とまあまあ高い水準を示しつづけています。




看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であればパスできる試験です。



加えて、大会社になると医務室等にも看護師がいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを実施しております。
このようなケースは、この会社の正社員として入社することもあるようです。

高校に進むときに衛生看護科に入学すると、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、一番早く、看護師の資格を得ることができるだと言えます。

ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変えることは難しいです。

当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長い時間の勤務で、シゴト中に仮眠をとることが可能です。




国の指針では、月に8回までとされているんですが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。
病院における看護師の勤務形態によっては、たいへん不規則な暮らしにいたったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、看護師が高い割合で離職していく理由の一部かも知れません。

全国の看護師年収は平均して437万円ほどです。
ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均すると、593万円くらいになります。

公務員看護師は給料UP率も民間の病院より高く、福利厚生の点でも充実しているのです。


準看護師の場合ですと、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。




なぜ看護師になろうと思ったのかは実際、どんなことをきっかけにして看護師を志望するようになったのかを入れるとイメージが良くなるだと言えます。
転職の場合、その理由はこれまでに経験したことを生かしたい今以上に、人の役に立つ技術を取得したいなど、ポジティブな印象を与えられるようにして下さい。

いままでの勤務先についての良くないことは言わないようにして下さい。


看護師の資格を取るには、何通りかのコースが挙げられます。
試験をうけ指せてもらうためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護に関して勉強することが必要です。
看護師の勤務状態は、異業種と比較してまあまあ特殊であり、その上に職場によっても違ってきます。
体制は一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているというケースが多いだと言えます。
ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制を望む看護師も多いです。
看護師が転職をするにあたっては、将来のことを考慮して迅速に行動することが重要です。
さらに、何を重点的に考えるのかを決めておくことをお奨めします。
将来の自分の姿を明白にして、その希望に沿った転職先の情報を集めて下さい。


修学旅行やツアーなどに随行して、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。
結婚していて、おこちゃまのいる人は週末を休みにできたり、夜勤がもとめられない職場を希望しています。




病院以外の場所ではたらくのであれば、働こうとするところに適した専門の知識を有している認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用が決まりやすくなります。


ミズノ レディース水着
レッセ パッセ レディース水着
グラデーション レディース水着

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜ看護師になろうと思った... | トップ | 高校進学時点で衛生看護科に... »

日記」カテゴリの最新記事