資格あらかると

さまざまな資格についての情報を集めています。

産業看護師は従業員の健康が保てるよう保健指導をしたり、うつ病防止のメンタルケアも行ないます。

2016-10-18 20:54:15 | 日記
先日、テレビで看護師についてやっていました。
好きな俳優がどんどん結婚してしまいました(^_^;)


産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、職業案内所で見つけるのは不可能だと思います。

そういうサイトなら、産業看護師の募集も頻繁に載っているでしょう。
修学旅行やツアーなどについていって、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。



結婚して子持ちの人は土日が休みになっていたり、夜勤がないという職場を希望しています。


病院ではないところで働くには、その職場に適した専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。

看護師の国家試験に受かることよりも、看護学校卒業の方が困難という人も多いです。
看護学校はとっても厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年指せてしまうようです。




それほど厳しい学校を卒業し、国家試験にも受かった人には、ぜひとも看護師のしごとについて欲しいものですね。



看護士の求人はいくらでもありますが、希望に沿う条件での求人があるとは限らないものです。
看護師の資格をもつ人で就職できればいいと思っている方は少数でしょう。
できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤がない病院などに勤務したいと思う方が多いです。
望み通りのところに転職するには、数多くの情報を収集することが重要です。
看護師の資格を得るための国家試験は、年に1度開催されます。
看護師の人数の不足が問題となっている日本のためには喜ばしいことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率は約90%と非常に高い水準を保ち続けています。
看護師の夜勤は、16時間などの長時間の勤務となっているため、勤務中の仮眠が取れます。




月に8回までと国の指針で定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。
勤め先の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、過労になりやすいのも、離職する看護師が多い理由の一部かもしれません。
世の中の高齢化が進んで、看護師は福祉施設でも需要が増してきているためす。

それに、どのような条件を重視するのかを決めておく方がいいでしょう。
全国において、看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。




ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均すると、593万円くらいになります。


準看護師の場合だと、看護師にくらべて、平均年収が70万円程度低くなります。

高校進学時点で進学先が衛生看護科だと、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、看護師になるのに、最短の道を歩向事ができるでしょう。




ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変更は困難です。


さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、期間が短いので試験にむけた勉強や実習が不足するために簡単には試験に合格できないという面もあるようです。
看護師といったら病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室を置く会社もあり、そういう場所に勤務している人もいます。



具体的なしごと内容やその役目は働く会社によって異なりますが、従業員の健康維もと健康管理はどの企業でも行なうしごとと思ってちょうだい。
また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、大抵の医療行為を看護師が行ないます。




看護師免許を取るには、何通りかの道があげられるのです。
看護師免許を得るためには、国家試験を受験することが必要ですが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。
試験を受けるためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護に関して学ぶ必要があるのです。


ハロウィン オーナメント
ハロウィン ジプシー
ハロウィン かわいいプリンセスドレス

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 看護師免許を得るには、何通... | トップ | 高齢化社会が進み、福祉施設... »

あわせて読む