MA社会研究所情報

宇宙、世界、日本の歴史や未来。日常生活、社会情報を、しぐれ猫がお伝えします。

現代日本社会は高度成長、バブル崩壊、少子高齢化社会。家の規範が崩れ、単身者が増加。

2017-06-20 15:01:52 | Weblog
 社会研究所と称しているので、つい固い話になりますが、単なるブログです。歴史や国際関係ばかりではなく日本の国内社会も見なければならないでしょう。このブログは学者の人々だけではなく小学生、中学生、主婦、若い女性にも見てもらいたいと思っています。1960年代からの日本社会の変化を見ました。おじいさんおばあさんと子供夫婦、孫の3世代が一戸建住宅に同居し、育児や老後の介護を行う家中心の規範が崩れてきて、夫婦と子供が団地で同居するだけの核家族が1970年代から普通になりました。1990年代からは結婚しない人やお金がなくて結婚できない人が増えて、独身世帯が増えてきました。生まれる子供の数が減り、若者や中年だった人々も老人化し、少子高齢化社会になってきました。いろいろな時代を思い出してみると、1960年代の高度成長期は家庭電化製品が普及し始めて三種の神器などと言われていました。核家族での団地生活が時代の最先端でした。1980年代はバブル景気で土地や不動産の価格が急上昇しました。90年代はバブルの崩壊が起き、長期不況になり、米ソの大国間の冷戦が終わりましたが、中国、北朝鮮対米国と韓国、キューバ対米国の資本主義と共産主義の対立が残りました。数十年に及ぶ開発解放政策で中国経済は資本主義化してきましたが、最近は北朝鮮が核保有し、弾道ミサイル実験で米国を攻撃すると挑発し、韓国に北朝鮮に融和的な政権ができ、中国とロシアの対立、協調も起き、緊張が高まっています。地球の各地に工場ができ貿易するグローバル経済化し、市場原理主義の経済思想が流行し、選択の自由、企業責任,自己責任という言葉が多用されています。2000年代に入るとニューヨークの貿易センタービルへの旅客機突入などが起き、イスラム原理主義のテロ攻撃が頻発して新たな対立の時代になりました。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本人の体格の変化。縄文人... | トップ | 逆転発見。巨大肉食恐竜ティ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL