MA社会研究所情報

宇宙、世界、日本の歴史や未来。日常生活、社会情報を、しぐれ猫がお伝えします。

食品の賞味期限は表示よりもっと長い。納豆は表示より3日、カップめんは表示期限から一か月半過ぎても食べられる。

2017-03-21 13:21:16 | Weblog
 日本では食品の賞味期限が短く表示されていて、食べられる食品が多量に捨てられているという。卵は気温10度以下で保存するなら採卵後57日間は生で食べられる。納豆は賞味期限より3日ぐらいまでは食べられる。カップめんは賞味期限から一か月半、袋めんは二カ月半は食べられる。レトルト食品は賞味期限から三か月は食べられる。缶詰は期限切れから約9か月は食べられる。はちみつは密封容器のものは期限から約6か月食べられる。梅干しは表示期限から約2年は食べられる。茶葉は表示期限から2年ぐらいは飲める。自分で味見して食べられるか感じるのがいい。昔は賞味期限の表示はなかったという。食べるのも命がけの時代になってきたようだ。
『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日米中韓の高校生意識調査。... | トップ | 入社シーズン。社会人になる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL