MA社会研究所情報

宇宙、世界、日本の歴史や未来。日常生活、社会情報を、しぐれ猫がお伝えします。

2017年の世界戦闘情勢。米国はトランプ新大統領で内戦か。中国、中東の情勢は。

2016-12-31 15:26:51 | Weblog
 2017年の世界の軍事情勢を概観すると、1月20日から米国大統領にトランプ氏が就任する。、日本から米軍を撤退させるとか、日本は自力で核武装して北朝鮮に対抗しろとか、ウクライナはドイツに任せるとか放言していたので実行するか注目される。米国は他国の紛争にかかわらず、米国の利益だけを考えるという。昔から米国はモンロー主義で欧州やアジアの紛争にかかわらないという時代に戻るのだろうか。トランプ氏は批判されるとすぐに発言を変えるので、どこまで実行するかわからない。トランプ政権で国防長官にマチス元中央軍司令官がなる。安全保障担当補佐官には陸軍出身のフリン氏がなる。両者ともに強硬派だ。トランプ氏の国防政策の演説では対IS作戦、陸軍増員、海兵隊増員、海軍増強、ミサイル防衛など軍拡計画を語った。米軍が米国内にとどまる考えでもないようだ。米国内でトランプ派と反トランプ派が選挙後も対立し、銃の保持が自由な国だから内戦状態になり銃の撃ち合いになるかもしれない。第二次南北戦争になるかもしれない。
 中国の海洋進出とフィリピンの中国に協力的な大統領の姿勢が注目される。北朝鮮は核爆弾とミサイルを開発し保有し脅威になっている。中東ではロシアが支援するシリアのアサド政権と欧米が支援する反政府派、IS、クルド人などの戦闘が激化している。イランも核保有しそうで警戒されている。世界はますます抗争が増えそうだ。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国空母艦隊が初めて太平洋... | トップ | 2017年の運気を風水術で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事