スケッチブック 〜写真で綴るスローライフな日々2

写真を撮りながら、日々の暮らしや旅先で感じたことを書いています。
2016年からは撮った写真をイラスト化しています。

うだつの上がる町並み Day dream その4

2017年01月29日 | イラスト
PENTAX K-5-II SIGMA 17-50mm F2.8

少しローアングルで見たうだつの上がる町並みのメインストリートである。うん?メインストリートだと思う。昨年の秋晴れの休日だった。町の向こうに山が見える。観光客も少ないけど歩いていたし、生活者だと思われる車も絶えず走り去るので、人気を避けて撮影するには少々忍耐力が必要だった。真昼間に誰もいない景観は貴重だ。このアングルが美濃の街並みを表しているんじゃあないだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うだつの上がる町並み Day dream その3

2017年01月28日 | イラスト
PWNTAX K-5-II SIGMA 17-50mm F2.8

何気に路地を歩いていると、旅館らしからぬ佇まいの旅館を見つけた。らしからぬとは僕の勝手な思いだけど、看板にそう書いてあるし。こんな場所で宿泊する人がいるのかと不思議に思ってしまう。で、屋根を見上げると、うだつがあるではないか。こういう何気ない普通の空間にうだつは存在する。うだつがあるのではと気にしないと通り過ぎてしまうところだった。そうであれば迂闊(うかつ)って言うけどね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うだつの上がる町並み Day dream その2

2017年01月22日 | イラスト
PENTAX K-5-II SIGMA 17-50mm F2.8

美濃市の市街地へ真っ昼間にやって来た。暑くもなく寒くもない日だった。ここは、歩いて回るにはちょうど良い広さと言えるかも知れない。疲れてしまわない程度の距離を歩けば、一通り見学することができる。広い道が二本あるだけだ。横路も車が通るほどの幅があるため、散策していても快適だった。そうそう、昔は馬が行きかったので馬つなぎ石が今でも道の傍らにある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うだつの上がる町並み Day dream

2017年01月21日 | イラスト
PENTAX K-5-II SIGMA 17-50mm F2.8

岐阜県美濃市の中心地は、「うだつの上がる町並み」と名付けられ整備されている。地元では観光地として力を入れているようだが、紹介してくれた人が、混んでないからちょうどいいようなことを言っていた。来客が少ないのはお気の毒だが、写真を撮る側としては絶好の条件になる。面白そうだから行ってみた。なるほど。旧い町並みが美しい。人の数も少ない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真清田神社にいるアウトレイジな烏骨鶏 その4

2017年01月15日 | イラスト
PENTAX K-5-II SIGMA 17-50mm F2.8

真清田神社を住処とする烏骨鶏は白と黒だけじゃない。茶色もいる。鶏に詳しいわけではないのでよく分からないけど、ハーフか何かだろう。ミックスと呼ぶのかな。いわゆる雑種。多分だけど、ここのいる連中は雑種なんだろうと思う。この茶色のヤツはよく見るとカラフルだ。傾奇者みたいに。型破りな性格なんだんろうか。イカした顔つきで目立つ。一羽一羽個性があるので観察していても面白かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真清田神社にいるアウトレイジな烏骨鶏 その3

2017年01月14日 | イラスト
PENTAX K-5-II SIGMA 17-50mm F2.8

ブラック烏骨鶏。烏骨鶏には白羽タイプと黒羽をまとうタイプがいる。独特の雰囲気を持っている。ワルには黒が似合う。闇社会に君臨するものには黒の衣が相応しいように。烏骨鶏は観察する限り、どうもうな気性を感じる。顔もいかつい。そして全身黒いタイプは悪いことを平気でやってのけそうな気がするのだ。もちろん勝手な想像だけど。目つきも鋭くないか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真清田神社にいるアウトレイジな烏骨鶏 その2

2017年01月07日 | イラスト
PENTAX K-5-II SIGMA 17-50mm F2.8

烏骨鶏が放し飼いになった経緯はわかないけれど、屋外では猫に襲われて食べられてしまうのではないかと心配するのだが、それには及ばないようだ。ここいる何羽かの烏骨鶏は相当気性が荒い。警備員の話によると人を蹴飛ばすそうだ。明らかに猫よりでかいし、飛び技があるだけに嘴と爪がある烏骨鶏が有利だ。決してか弱い動物じゃない。というよりゴロツキに近い。顔も悪役に見える。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真清田神社にいるアウトレイジな烏骨鶏

2017年01月07日 | イラスト
PENTAX K-5-II SIGMA 17-50mm F2.8

2017年は酉年だそうだ。昨年、年賀状用に鶏を撮りたくて被写体を探してみたら、非常に困難だということがわかった。養鶏所にはいっぱいいるだろうが許可が出ないだろうし、(鳥インフルエンザのこと)飼われているものは金網越しになるから使えないからだ。子供の頃、真清田神社には放し飼いの鶏がいた記憶があったので試しに出かけてみた。そうしたらやっぱりいた。奴らは皆、野良だ。そして烏骨鶏だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加