スケッチブック 〜写真で綴るスローライフな日々2

写真を撮りながら、日々の暮らしや旅先で感じたことを書いています。
2016年からは撮った写真をイラスト化しています。

金蔵寺の紅葉 その3

2016年10月30日 | イラスト
CANON PowerShot S95

金蔵寺の石段にかかる紅葉がちょうどアーチのように覆いかぶさっている。下から上がる時は紅葉の中をくぐり抜けるようで気持ちが良いし、上がりきった場所から見下ろすのもまた良い眺めだと思う。同じ紅葉をローアングルでもハイアングルでも楽しめる。赤と黄と緑のコントラストが見事だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金蔵寺の紅葉 その2

2016年10月29日 | イラスト
CANON PowerShot S95

紅葉の見頃は予想するのが難しい。もちろんネットでは詳細に状況がわかるようにはなったけど。都合がつくかどうかは別問題だから。撮影した日はそこそこ染まっていたような気がする。記録では11月の下旬に入る時期だった。少し標高が高いので平地よりは早いんでしょうね。狭い道だったので車の運転に自信のない人は別の方法で訪れた方がいいと思う。ところで作品だけどトリミングで構図を変えてみました。でも中途半端な感じになっちゃった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金蔵寺の紅葉

2016年10月29日 | イラスト
CANON PowerShot S95

2014年に撮影した金蔵寺の紅葉を改めて見てみた。京都にはお寺がたくさんあって、紅葉狩りは全国から観光客が訪れるためどこも人が多い。平日だったこともあるがここは比較的少なかった印象がある。大原野は京都でありながら市街地とはかけ離れた田舎の風景がある。あまり人気がないみたいだけど、とても素敵な場所だと思う。金蔵寺はこじんまりとした京都らしい山寺だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阿寺ブルー その4

2016年10月23日 | イラスト
CANON PowerShot S95

阿寺渓谷には動物がいっぱいいる。野生動物の事ではなく、地名のこと。ここは犬帰りの淵と呼ばれている。他にも狐、狸、亀、熊、牛といるのだが、そのことを知ったのは家に帰ってからだったので少々心残りだ。もう一回行きたいと思いを馳せている。橋の上から澄み切った水を見ているだけでも心が和む。透明度が高く流れも穏やかだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阿寺ブルー その3

2016年10月22日 | イラスト
CANON PowerShot S95

多分、樽ヶ沢の滝。・・・だと思う。この滝は、眺めが悪い。滝壺の位置から見上げることができないからだ。瀑布を観賞するには、普通滝壺付近から滝口へ見上げることが多いのだが、樽ヶ沢の滝は滝口から滝壺を見下ろすことになる。しかも足場が悪いので滝壺へ落ちる危険があって直接覗くことはできない。片手でカメラを持って手をいっぱいまで伸ばして、画面を確認せずにシャッターを押すことになる。後から画像を確認する。それでも滑りやすい場所なので、絶対真似をして欲しくない。撮った本人が言うのもなんだけど。左から川水が流れ込み直角に折れ曲がって画面上部へ落ちていく。速い流れがよくわかる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阿寺ブルー その2

2016年10月22日 | イラスト
CANON PowerShot S95

陽の当たり方で川の色が変わるそうでこの日はブルーではなくグリーンだった。澄んだ川の水は人の心を吸い込むように引きつける。水面の反射光。水に浸かる岩。せせり出したのは杉の葉だろうか。静謐な印象のカットなのだが、なにしろ四年も前のことなので撮影のことはうすら覚えしかない。確か阿寺渓谷へやって来てすぐ撮ったような気がする。適当に撮った割には気に入っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阿寺ブルー

2016年10月16日 | イラスト
CANON PowerShot S95

阿寺渓谷の渓流の色が青く美しいことから阿寺ブルーと言われるようになったとか。2012年に訪れた時の写真を見直してみると、これもイラストにしてみようという気になったので加工してみた。どこの景色だったか。調べてみると多分これは六段の滝から見た渓谷。ちょうどカーブのところで左右の樹木の枝から覗くようなアングルでお気に入りの一枚。ブルーといよりエメラルドグリーン?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

片山津温泉 総湯

2016年10月15日 | イラスト
CANON PoerShot S95

この建物を見て何だと思うか尋ねたら、美術館か、新鋭のベンチャー企業の本社かなにかと言われそうである。田舎の美しい景色の中にガラス張りでコンクリート打ちっ放しの建造物が建っているのだから。ここは、いにしえの温泉郷にある、片山津温泉総湯という場所だ。日帰り専門の温泉施設。ガラス張りの二階はおしゃれなカフェになっている。近くの山代温泉総湯は古風な日本式の建物なのだが、こちらはとてもモダンな造り。シンプルで素っ気ないかもしれないけど、そこが魅力だと思う。春先だったので山にはしっかり雪が残っていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

500 TYPE EVA PROJECT その2

2016年10月10日 | イラスト
CANON PowerShot S95

偶然だったけど、今年エヴァンゲリオン仕様の新幹線を二回見た。今度は曇りの日の新大阪駅だった。反対側のプラットフォームで待機しているところを撮影できた。少し離れていたのでカラーリングが映える。当然ながら乗客の注目を集めるので人がいない瞬間を狙うのが苦労するポイントになる。こうしてみると500系のデザインは完成度が高いと頷いてしまう。未来の乗り物という感じ。アニメの世界を実写の世界に変換し、それをカメラで写してまたイラストに仕上げるという元も子もない様な作業をしてしまった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

500 TYPE EVA PROJECT

2016年10月09日 | イラスト
CANON PowerShot S95

JR西日本が開発した新幹線500系を新世紀エヴァンゲリオンカラーに染めて新大阪と博多間を1日1往復するプロジェクトが始まってしばらく。一度、この目で見たいと思っていたら、ひょんなタイミングで拝むことができた。最初は西明石駅で。その日は雨が降っていたので、車両は濡れていた。プラットフォームから間近に見ると、断然格好が良い。500系はコックピットのキャノピー周辺が好きだ。トンネルを抜けるために流線型を極めたデザインは日本技術の誇りだと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加