スケッチブック 〜写真で綴るスローライフな日々2

写真を撮りながら、日々の暮らしや旅先で感じたことを書いています。
2016年からは撮った写真をイラスト化しています。

菰野町 湯の山温泉 鹿の湯ホテル

2015年05月30日 | 温泉
御嶽山の噴火も驚いたけど、口永良部島では大規模な噴火が起きて、箱根山も桜島もはたまた富士山も噴火するんじゃないかと心配になってきます。東日本大震災の後に火山の噴火が起きるとは聞いていましたがとうとう現実になりました。日本は火山列島なんだとつくづく思います。しかし、火山の恩恵としては温泉があります。温泉ファンは火山に近づく危険と隣り合わせなんだという気にもなります。三重県の御在所岳は火山なのか?とちょっと気になって調べてみました。・・・火山ではないようです。そうなると火山でもないのに温泉が湧くのか?という逆説も成り立つので複雑ですねえ。行けばわかることもある。日帰りで利用できる湯の山温泉の鹿の湯ホテルへ車で行きました。食事の予約に入浴(入泉料500円)を別途支払うシステムです。妻と休日のランチをとるついでに温泉が付いてくるような感じで出かけました。少々ドライブが必要ですけど。GWが明けて観光客は少し落ち着いたのか、行き先の渋滞もなく時間通りに到着できました。食事は食事専用の個室が用意されるので、温泉には食事前と食後に入ることにしました。お昼から豪勢な料理もないだろうと思って「松花堂弁当」(3000円)にしたら、割と豪華な和食が出てくるので軽いランチでにはなりませんでした。法事の食事クラスです。最後はデザートまで付くのでお腹いっぱいです。料理は思った以上に良かったですね。温泉は内湯と露天があってとても静かでした。貸切湯もあるのですが、こちらは利用しなかったのでわかりません。ただ、午前中に入ったので他に誰もいなくて大浴場でも貸切状態でした。人気がないのかな?天気も良くて露天は良かったです。上段に浴槽があって、オーバーフローした湯が下段の浴槽に流れるというしかけで、気持ち良さそうだと思って上段の浴槽に入ったら熱くてかないません。しょうがなく下段の浴槽で楽しむことにしました。ぬる湯じゃないと駄目なんです。無色透明無味無臭の湯はさらりとした柔らかい肌触りでした。優しい湯と言えば聞こえはいいのですが、湯の個性はないということも言えます。単純弱放射能温泉という泉質で、低張性弱アルカリ性低温泉ということですから加温は必至ですね。湯目当ての温泉ファンには物足らなさがあるでしょう。休憩室から屋外のデッキに出ることができます。そこは眺めの良い心落ち着くスペースです。僕はここが気に入りました。山の緑が目に飛び込んで来る感じがして心が和みます。



湯の山温泉 鹿の湯ホテル 公式サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近気になるアルバム ART OFFICIAL AGE/Prince

2015年05月27日 | 最近気になるアルバム
発売されたのは昨年2014年10月で気付くのが遅くて最近入手した久しぶりのプリンスです。何を隠そう大、大、大プリンスファンの僕としては、嬉しい新譜です。しかもあのワーナー・ブラザーズからリリースされたとあって二度驚いています。プリンスファンなら誰しも知っているワーナーとの確執。その後の作品発表ではもめにもめて、それがかえってプリンスの才能を開花させる要因ともなり、様々なオプションやセールスルートが花開き、しばらく入手困難なアルバムばかり出していました。前回「20ten」にいたっては、イギリスとドイツのタブロイド紙の付録として無料配布したのみで、必要ないと思った読者がネットオークションで売りさばいてくれないとファンは購入できないシステムでした。(しばらくしてamazonで扱うことになりましたが。)もう新譜の発表はないという憶測を裏切り、やっぱり出してくれました。80年代のヒット曲を出している頃は、憶え易いメロディラインの曲が多かったので一度聴いたら忘れられない良さがありましたが、このところ聴き込むほど味が出るというマニアックなアルバムを出し続けていただけに、初心に戻った感じがあるこのアルバムの期待は大きいものがありました。この人ほどブルーズ、ファンク、ソウルを継承しているミュージシャンはいないと思うのですが、今回も外さないところがプリンスの偉大さです。歌は、ジャームズ・ブラウン。ギターは、ジミー・ヘンドリックス。アンサンブルは、スライ&ファミリーストン。ありきたりなプリンスの評価です。彼等は偉大ではあるけれど限界はありました。しかしプリンスはその偉大なミュージシャン達と違いまだ限界に達していません。この辺りが凄いと思ってしまうのです。一体、いつプリンスの才能は枯れるのか?謎です。相変わらずのプリンス節。だけどどの曲も新鮮に聴こえます。泥臭いのに洗練れている。古いのに新しい。プリンスが生み出す音楽はいつも矛盾する要素が絡み合って聴く者をとろけさせてくれます。プリンスの新譜を楽しみ、更にかつて発表されたアルバムと聴き比べてまた楽しむ。プリンスだけでもお腹がいっぱいなるほどです。それにしてもアイデアが豊富で美しい曲ばかりですね。彼は、まるでモーツアルトのような天才じゃないかと思うのですが、ちょっと褒め過ぎですか。でも、ファンならそれくらい心酔しておかないとね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オープンウォーター炬燵水練記 109

2015年05月24日 | スポーツ
今年は、レースのスケジュールが7月の終わりにプールで短距離を泳ぐことと8月の終わりに海で長距離を泳ぐ予定があるだけです。今からコンディションを調整してしまうと維持するのも大変なので、ハードな練習はやめておこうと思います。日曜日の朝、オープン前にスポーツクラブの入口に着いたのですが、幾人か同じように待っている人がいました。今日の天気は悪くなるような予報でしたが、気温も上がり、まずますの空模様でした。日も長くなり、屋上駐車場の床が反射して光り、午前10時はすっかりお昼のような匂いも感じます。朝一番は、さすがにコースは空いているので泳ぎ易いですね。簡単なストレッチを済ませて早速トレーニングです。といってもクロールでイージー25Mを50本という内容。レストタイムもしっかりとります。フォームは海で泳ぐことを念頭に置いて2ビートです。ローリングはなし。プルも途中で切り上げてリカバリーに入り、水面にフィンガータッチができるほど小さく肩を回します。レストを入れるとブレスが楽なので50本と言えども疲労感はあまり感じません。陸上をたとえにするなら、歩くように泳ぐという感じですね。歩くだけなら汗もかかないから楽でしょ。泳ぐ時もそんなふうに泳げるものなんです。今度の海は、3800Mを泳ぐ予定です。はっきり言ってペース配分がよく分かりません。無人島に向かって泳ぐ。周囲を回って泳ぐ。陸まで戻る。この三段階のうち、どこでどの向きで潮流がやってくるのか。風や波の高さはどれほど影響があるのか。泳いでみないとわかりませんよね。どうしてこんなスポーツを始めてしまったのか考えてしまうけど、とにかくどんな距離でも泳げるような自信をつけるためには、疲れを感じない癖をつけることではないかと思うのですが違うかなあ。多分、ラストの500Mくらいは飛ばせるかもね。クロールのトレーニングが終わったらブレストも泳ぎました。忘れないように。こちらはストロークを減らして大きなフォームで25Mを8本泳ぎました。7月の市内水泳大会はどうしようかな。クロールでいくかブレストでいくか。練習が終わってから体重を量ってみたら200グラム減っていました。カロリーは消費しているんですね。ダイエットも進んでいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イタリアンパセリの花

2015年05月22日 | ネイチャー/ペット
マンション住まいでは家庭菜園は鉢植えが基本となり、おのずと限界があります。(もちろん徹底的にやる人もいるでしょうが。)我が家ではバルコニーにいろいろと並んでいるのですが、その中にはハーブもあります。ローズマリーはとても丈夫で、暑さ寒さによく耐えてくれます。今年はイタリアンパセリが幾つか伸びてきて、いつになく大きく育ちました。特別にイタリアンパセリを栽培しているのではなく、雑草のように鉢植えの隙間から伸びてきて3本別々の鉢から生えています。それが大きく育って50センチ以上も伸びているのもあります。通路の妨げになるほどです。茎はまるでセロリのように太くがっしりしています。普段、スーパーなので見かけるパック入りのイタリアンパセリは、可憐な少女のように上品に寝そべっていますが、にょきにょきとこんなにでかくなるハーブだとは思わなかったので正直驚いています。しかも花が一斉に咲き始めたので、もっと驚いています。イタリアンパセリの花って見たことありますか?地味ですよ。小さな花の集まりです。放射状に広がりカリフラワーみたいです。遠目には菜の花のようでもあります。しかし、菜の花の方が飛び切り晴れやかで派手ですね。目隠しを超える位置に花が咲いているので、窓越しに風に揺られると存在感はあります。ここまで育つと肝心の葉は大きくなり過ぎて料理には使えそうにありません。小さいうちに摘み取ってしまうのが良いようです。しかし、なんでこんなに大きくなったんでしょう?我が家のイタリアンパセリは、放ったらかしにしていたらこうなったという育て方です。コツも何もありません。悪しからず。調べてみると二年草で、一冬越して花が咲き、実がなって枯れるそうです。実!イタリアンパセリの実って何?見たことないです。これからまた楽しみが増えました。夏には実の姿を見ることができそうです。だけど、芽が出て葉が出て花が咲き、実がついて種を残し枯れるのは植物の王道ですよね。当たり前だった。せっかくここまで大きくなったイタリアンパセリですが、それほど料理に使う頻度はありません。せいぜい飾りに使うぐらい。大量に使うことができる料理はないものでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オープンウォーター炬燵水練記 108

2015年05月17日 | スポーツ
泳ぐためにはそれなりに気力と体力が必要です。ここ最近、それが追いついていないようです。減量で食事を少なくしてきたため、体重や体脂肪率は下がってくれてはいるのですけど。日曜日の午前、スポーツクラブへ行って泳いでみることにしました。この時間に訪れるのは初めてです。すっかり初夏の日差しになってきました。駐車場に降り注ぐ日差しが眩しく感じるし、熱波も肌に感じます。今シーズンは、あまり追い込むようなトレーニングは止めにして、記録を意識しないでレースに参加しようと心がけています。そもそも健康でいるために始めた水泳ですから。海で泳ぐ競技を見つけた時にこれは面白そうだと好奇心でいっぱいでした。クロールが苦手だったので何年もかけて自分で練習をして、プールのレースに参加するなどして自信をつけてきました。オープン・ウォーター・スイミングは短い距離から参加して、今では3000Mでも泳ぐことがきるようになりました。しかし、タイムを縮める練習をし過ぎると肉体的にも精神的にも自分を追い込むことになりそうなので、本末転倒にならないようにエンジョイで完結しておきたいと思っています。しばらくブランクがあったで今日の練習は、一番楽なメニューにしました。ゆっくりで大きめのストロークでクロールを25M50本泳ぐだけです。日曜日の昼前は、空いているのかと思えばそうではなくて、意外にスイマーは多かったです。ちょうど、マスターズカップで知り合ったチームのメンバーの練習会も開かれていたので、皆さんと挨拶もしました。お昼ご飯を食べる前に運動をしてお腹を減らすのはいい健康法でしょうね。この時間は人気があることがわかりました。さて、25Mを50本泳げば1250Mです。連続して泳げばそれなりに息は乱れるし疲労もする距離です。他のスイマーのペースもあるので、25M区切りでレストタイムをとり、左右のストロークフォームを確認しながら泳ぐと、負担というほどのダメージは感じません。そうなんですよね。疲れないように泳ぐことは難しいことではありません。だけど、「必死になって更に上を目指すぞ。」だとか、「向上心を持たなければならい。」と思い込むと、ついつい頑張ってしまうんです。本当にこんなに鍛えてしまっていいのかと疑問をを持ち始めています。リラックスして楽に泳ぐと、こんなに気持ちいいのだからこれでいいのかも。練習後のジャグジーもミストサウナもマッサージ椅子も全部気持ちいい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナガゴマフカミキリ

2015年05月14日 | ネイチャー/ペット
今週から暑くなったので、ノーネクタイで出勤するようになりました。いつの間にか夏を感じています。最近のことですが、時間の余裕がなくなってしまって、周りの景色を眺めることもなく、やるせない気持ちになっています。疲れて疲れて疲れ果てて家に帰ってきました。今日もエレベーターに乗り込んで行き先階のボタンを押し、下を向いてエレベーターの床の汚れを確認するはずでした。自動で上昇するエレベーターの扉が開けばそこは我が家のフロアであるはずなのでそのまま黙って出るはずでした。しかし、狭いエレーベータの中には虫が居たんです!それも目の高さに。壁に貼り付いていたのは立派なカミキリムシだとすぐに気付きました。「これは?」何だかこの僕を待っていたかのような現れ方でした。下を向きかけた途端に目の前にカミキリムシが居るなんて。子供のように写真をバシャバシャ撮ってやりました。大人しくしています。「この模様は何だっけ?」カミキリムシは種類が多いのでよくわからない種類のものです。でもどうやってこんなところまでやって来たのでしょうか。片手でつまんでベランダまで連れて来てやりました。カミキリムシを捕まえるのは得意です。そして予想通り鳴きました。イヤダイヤダと抵抗するみたいに。足も激しく動かします。放してやるとしばらく歩き回り、羽を広げて飛んで行ってしまいました。夜行性なんでしょうね。写真は撮ったので、ネットで検索し正体を調べました。「ナガゴマフカミキリ」という名前らしいです。僕にとっては初めて捕まえた種類です。地味で保護色感の強いデザインですね。何でも伐採木に棲んでいるとか。(このカモフラージュはそのためみたい)カミキリムシもそうですが、ほとんどの昆虫は種類によってすみかとする植物が決まっています。というより植物にそれぞれ適応した進化を遂げていると考えた方がよく、虫の種類と植物の種類は相関関係があるものです。マンションのエレベーターに居たということは迷子でしょう。残念ながら近くには材木置き場もなければ、雑木林だってありません。だからというわけではありませんが、このカミキリムシが現れたのは偶然ではなくて、何か意味があるのかも知れないって思ってしまうけど、違うかなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豚ロース肉のバター焼き ローマ風 ~ニジマスのバター焼き チーズクリームソース

2015年05月09日 | 料理/グルメ
残すところあと二回となった古田祐二氏の指導によるフランス料理教室が開催されました。本業とはまったく別に20年も続けてきたシェフには頭が下がる思いです。テクニックを盗めるほど料理は上手ではないけれど、とても感謝をしています。本日のメニューは「豚ロース肉のバター焼き」と「ニジマスのバター焼き チーズクリームソース」の二品です。豚ロース肉の料理は、盛り付けに豆を載せてローマ風に雰囲気を出しています。まず、豚ロース肉は軽く叩いてから塩・コショーで下味を付けてオイルバターでソテーします。先にマカロニを塩茹でしてからザルで冷水を流し、水分を取ってから粗く半分にカットしておきます。ニンニクをみじん切りにしたら、鍋で焦げる寸前までバターソテーし、そこへオニオンのみじん切りを足してソテーします。更にトマトの水煮を加えて中火で煮込んだら先ほどのマカロニを入れて水分がなくなりペースト状になるまで煮詰めます。完成したら豚ロース肉の上にトマトのソースを載せ、その上にパン粉(金網で一度細かく砕いておく)とエストラゴンのみじん切りを和えたものをまんべんなくかけて白ワインをふってから180度Cのオーブンで数分間焼き上げます。赤豆の水煮は、豆だけを塩茹でしてバターを絡めておき皿に盛り付けます。食べ応えある一品になりました。トラウトことニジマスはハラワタとエラを取り去り水洗いをしてから、ペーパーなどでしっかり水分を拭い、塩・コショーで下味を付け、小麦粉をまぶしてからオイルバターでソテーします。その後、白ワインをふって180度Cのオーブンで焼き上げます。ソースは、鍋にオニオンのみじん切りをバターソテーしてからミルクを入れて煮詰めます。沸騰させないのがコツです。その後、ブルマニエを足してとろみを付けます。この時は強火でホイップすると良い感じで馴染みます。その後、とろけるチーズを足して十分煮詰めたら最後に塩・コショーとバターモンテで味を調えます。チーズには塩分があるので、塩の量は味見をしながら分量を調節したほうがいいでしょう。盛り付けにはオレンジを添えてみました。付け合せのジャガ芋も定番で相性がいいですね。こちらのメニューは、さっぱりとした白身の川魚にチーズが入ったこってりのクリームソースの組み合わせなので意外ではありますが、抜群の食べ合わせでした。オレンジの酸味もバランスをとっているようです。初夏はニジマスが美味いですからね。憶えておきましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家族はタイワン僕はワンワン

2015年05月03日 | ネイチャー/ペット
今年のGWは皆さんいかがお過ごしでしょうか?暦の上でも連休が重なり、絶好の行楽シーズンを迎えているようです。我が家の今年の春は、ようやく一息つけそうです。昨年は、自治会の会長任務があって、町内会のことでてんやわんやだったし、上の娘の卒業と就職でやきもきしました。我が家の念願の海外旅行は、延ばし延ばしとなって行けそうにもありませんでした。下の娘も来年は、短期ですけど留学を予定しているので、肩ならしというか練習のつもりで海外旅行に行きたいと思っていたようなので、海外へ行くことにしました。しかし、犬を飼っているのでその面倒が心残りです。ペットのホテルは利用したことがありますが、一泊の旅行でも前後泊が必要なので三泊します。普段、家の中で野放ししているので狭い織の中で三日も離れて過ごすと精神的にまいってしまいます。だから、ホテルは泊めたくありません。そこで、僕が留守番をして犬の世話をすれば心配ごとがないと気付きました。僕は一緒に行かず、妻と二人の娘達で台湾へ出かけることになりました。女子だけなら部屋も同じで済むし、行きたいところもそれほど意見が違わないはずです。そんなわけで、今年のGW、僕は晴れて独身になれました。とはいえ、何でも一人でやるのは意外に大変なんですね。犬の散歩もしなくては・・・。食事の支度も自分で。そんなわけでお弁当を作って犬の散歩を兼ねて近くの公園へピクニックを敢行しました。どうせ家族は台湾で台湾料理に舌鼓を打っているのだから、僕は僕で美味しいものを作ってやります。「豚ロースのバター焼きサルビア風味」「サンドウィッチ」「ホウレン草とポテトのキッシュ。」「ブロッコリーとアスパラ」などなど。缶ビールも必要です。春の陽気とは言えず、曇天の涼しい天候でしたが、クローバーやタンポポが生い茂り春らしさは感じられました。ソメイヨシノはいっぱいに葉を広げています。自分のために買い出しをして、自分のために弁当を作って、自分で出かけて、自分で食べる。同行者は犬一匹。ちょっとさみしい気がしました。一人で気が楽なことは確かですが、誰もいないとさみしいのも事実です。そう言えば一人暮らしの人って毎日こうなんですよね。一緒に暮らす人がいれば、トイレに入ろうとしたら先に入られていたり、片付いていないものが気になったりとイライラすることもありますが、それはそれでありがたいことなのかも知れません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加