スケッチブック 〜写真で綴るスローライフな日々2

写真を撮りながら、日々の暮らしや旅先で感じたことを書いています。
2016年からは撮った写真をイラスト化しています。

裾野 富士山

2005年11月30日 | ネイチャー/ペット
裾野にある陸上自衛隊東富士演習場から富士山が綺麗に見えました。国道469号線が中央に走る一面の原は壮大で、この道を車で走る抜ける時はいつも眺めがよくて楽しみしています。今の時期は、ススキがまるで海原のように広がり、日差しに穂が反射して眩しいくらいです。富士山はすぐに雲がかかり、なかなかお目にかかれません。今日は運がよかったと思います。気温も下がり冬の気配が感じる今日は空も透明度があり、空気もキリリと鋭く、絶好の富士山日和でした。一眼レフカメラと三脚を持ったアマチュアカメラマンのグループがそろって撮影していたり、若い女性がドライブがてら友達同士でデジカメを使って撮影していたりするのを見かけました。写真を撮るのも良い日のようです。夏は夏で新緑が美しいとても景色がいいスポットです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜 中華街 皇朝

2005年11月30日 | 料理/グルメ
横浜中華街で安く食べるならここ。とばかりに最近注目の『皇朝」へ行きました。実は、話題になっていることは後から知ったのですが。中華街は大体「香港路」界隈で食べることが多く、いつものように出掛けたら行列ができていたので並んでしまっただけなんです。よくシステムがわかっていなかったのですが、とても満足度が高いお店なのでびっくりというわけです。中国国家高級技師特一級点心師「蔡曜サイヨウ」氏のよるバイキング食べ放題のお店です。一階はオーダー式バイキングで平日1680円、休日2480円。二階がビュッフェバイキングで平日1080円、休日1780円。という破格値で営業しています。更にアルコール飲み放題が1200円、ソフトドリンク飲み放題が350円です。それにどうやら時間制でもないみたいです。本当はあるのかも知れないけどどこにも書いてありません。店員は中国の方らしく片言の日本語を話す程度で従業員同士は中国語でした。やたら人気があるようで平日にもかかわらず賑わっていました。二階のビュッフェスタイルにしましたが、種類も多く食べがいがあります。結局6皿も平らげてしまいました。定番の中国料理が中心ですが味もそれなりに良いので、これで1080円とはとても信じられません。高級中華でなくても良い、お腹いっぱい食べたくて、なるべく安くしたい、というならここは大お勧めです。



皇朝 公式サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リンツ エクセレンス 99%カカオ

2005年11月27日 | 料理/グルメ
出ました。カカオ99%のチョコレート。スイスのリンツ&シュプルングリー社から発売された「エクセレンス 99%カカオ」です。70%、85%と続くハイカカオシリーズの最高峰、ほろ苦いを通り越して苦さそのものです。ビターテイストの基準値のような食物です。最近、高血圧に効くとか美容に良いとかで大人気だそうですが。ものは試しにと好奇心だけで購入しました。苦みの極みは魚のアラでも味わえることができると思って、たまに食べていましたのでこのチョコレートの苦みで驚くことは全くありませんでした。箱の裏側にはまず70%カカオから食べ始め、次に85%カカオを食べて味覚に慣れてからお召し上がり下さいと親切なのか商品を幅広く売りたいのかわからない注意書きがありました。苦みが苦手な方はたくさん食べない方がいいでしょう。毎日食べ続けないと身体に効果はないと思いますが、これを食べ続ける人はそうは多くないでしょう。なぜなら値段が高いからです。50gで472円もします。国産の板チョコが70g前後で100円くらいですからちょとね・・・。僕なんか低血圧なので心配することもないものだから食べ続ける必要はないと思うけど。解説書によると舌の上でゆっくりと溶かして食べるのが作法のようです。でも僕はカカオが大好きなので、苦いとは言え、ついつい次の一口に手が伸びてしまうんですよ。美味しいと思います。ところでこれでケーキを焼いたらどうなるのかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スローミュージック SELECTION Vo.4

2005年11月26日 | スローミュージック
JIM HALL & PAT METHENY

ジャズギターの巨匠ジム・ホールと天才ギタリスト、パット・メセニーのコラボレーションアルバムで、彼らがギターだけで競演しています。一度聴いただけではわかりづらいのですが、実に多彩な構成です。ギター2本で曲は演奏されていますが、ニューヨークのスタジオ録音とピッツバーグのライブ録音。ジムの定番と新曲。パットの定番と新曲。そしてインプロヴィゼイション(即興)が5曲。ジムはエレキだけだけどパットはエレキ、アコースティック、フラットレス、クラシカル、42弦の5種類で演奏しています。ジムも語る通りどちらがどっちを演奏しているかわからなくなるほど息が合っていて、ハーモニーの絡み方が絶妙です。パットが速弾きなことも影響してか、聞いているコチラも指が20本とは思えない見事な音楽です。ジムと言えばビル・エバンスとのコラボレーションが有名でその印象が濃いのですが、この共演も輝きに満ちて改めて素晴らしいミュージシャンだと気付きました。そのジムを慕って、いつもグループ活動中心のパットがシンプルなデュオアルバムを企画したことも奇跡です。スタンダードからはジムの選曲でガーシュインのSummertimeがあります。ちょっと意外でした。パットのオリジナルナンバーからは映画「天国への道」からのテーマDon't forgetが入っていたことが感激でした。大好きなパット・メセニー・グループのサウンドトラック盤からの挿入です。目を閉じて聴くと身体が自然の風景に溶け込んでいくような感じがする傑作です。1999年発表。

Jim Hall & Pat Metheny
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都 梨木神社の紅葉

2005年11月23日 | ネイチャー/ペット
京都に宿泊したので朝早く起きて紅葉を見学することにしました。すぐ帰るので滞在はわずかですが写真を撮りたかったからです。ロケ地は、市バス205系統で京都駅から府立医大病院前で下車してすぐのところにある「梨木神社」です。最近は京都市内に紅葉目当ての観光客が大勢押し寄せて溢れているので、人気がない場所だったら好きなように撮影できると考えたからです。確かに人気はないけど朝っぱらから携帯電話で写真を撮るなんて少し変かも知れません。「梨木神社」は御所の東側に隣接していて、「萩」と「染井の水」で有名です。萩は9月に萩祭りが開催されるようです。京都三名水のひとつ「染井の水」は水を汲みにくる人がいるそうですが、今回は拝見していません。京都の紅葉ですが、今年はよくないと聞いていました。確かに色づきはあまりよくありません。携帯電話のカメラの性能では限界があり、正直言って撮影は苦労しました。いいアングルが少ないのです。それに朝の7時過ぎでしたが、まばらに参拝にくる方がいてちょと恥ずかしい気がしました。ひっそりしていて穴場的な神社ですので景観的には想像どおりよかったのですが、もう少し紅葉が綺麗だったらよかったかなと贅沢な不満が残ります。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

恵那 恵那山~栗ふく

2005年11月23日 | ネイチャー/ペット
仕事で中津川へ行った帰りに中央道下り恵那SAに立ち寄りました。午前中に終わったために昼時になったのですが、その日は快晴でとても清々しい天気でした。空気がひんやりして日差しの温もりと融合して秋の深さを感じました。このSAから恵那山が見えるので写真に撮ってみました。日本百名山の一つに数えられて中央アルプスの最南端に位置する標高2190mの山です。僕は登山したことはありませんが、山が好きな方は大概登ったことがると聞きます。なかなか眺めも良い山で形もはっきりしているので目立ちます。下り恵那SAには名物のお菓子があります。「恵那栗ふく」といって常設の販売コーナーがあります。このあたりは栗が特産物らしく、栗きんとんのお土産も豊富です。「恵那栗ふく」は栗が一個入っていて周りを栗餡で包んで栗の形に焼いてあるオリジナル商品です。焼きたてが美味しいのは当然ですが、休日となると行列ができて待ちになります。大量生産ができないみたいです。栗と栗餡の甘味がダブルで楽しめるお勧めのお菓子です。せっかくなので外のベンチでお茶といっしょに頬張ることにしました。新商品で「カスタード栗ふく」も登場しました。まだ食べていません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

御殿場 富士平原ゴルフクラブ

2005年11月22日 | スポーツ
御殿場にある「富士平原ゴルフクラブ」でプレーしてきました。仕事関係のゴルフコンペの参加です。4組16人の小所帯ですが、粒ぞろいのメンバーなので僕は肩身が狭いです。パーティーには女性も居ましたが、彼女レギュラーティーでショットする男顔負けの実力者でコンペでも優勝カップをさらっていきました。さて、コースですが平坦な短めのコースではありますが、結構手こずるコースです。特に丹沢コースは、はっきりいって難コースです。1 hole[一本松]2 hole[森越え]3 hole[富士眺め]4 hole[鉄道馬車]5 hole[ソレ! 見た事か]6 hole[宝永山]7 hole[一目丹沢]8 hole[木やり節]9 hole[天国と地獄]なんて各ホールにタイトルがついていてスコアカードに印字されています。グリーンは「はぁ?」と叫びたくなるようなグリーンで高速、しかも傾斜と芝芽の影響も大きいのです。はきっきり言ってキャディーさんに聞かないとわかりません。聞いても耳を疑う答えが返ってきます。僕はこの丹沢コースで大たたきしてスコアはまとまりませんでした。特に最終ホールは地獄でした。天気がよく風も少ない日でしたが、寒かったです。標高が600Mー700Mあることを忘れていました。冬支度をすべきでした。あーあ。いつになったら巧くなるやら。ドラコン賞がとれたことが唯一の収穫でしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沼津港 魚河岸 丸天

2005年11月20日 | 料理/グルメ
沼津駅からバスに乗って沼津港へ行きました。夕ご飯を食べようと思い、そう言えば沼津は魚がいいよなあと想像して気の向くまま出掛けました。夕方の土曜日でしたがバスで沼津港へ向かう人は誰もいなくて、貸し切りでした。到着すると日が暮れていて、沼津魚市場は静かでした。飲食ができるお店があることは知っていましたが、観光目的の団体と地元の2人組がパラパラといるくらいでした。その中で一軒だけ満員で待ちができるお店がありました。「魚河岸 丸天」です。料金はリーズナブルで全てのメニューのネタが大きいことで有名です。静岡には何店か出店していて地元では知られたお店のようです。刺身、天ぷら、フライ、焼魚、煮魚、寿司など大衆和食の定番がずらりと並んできます。とにかくボリュームがあります。駿河湾なら赤身魚を食べようと最初に「中トロマグロ寿司」1260円を注文しました。アラ汁がついて5カンですが、ネタとシャリは通常の倍くらいでしょうか。意外にお腹がふくれます。もう一品、特許も取得しているというお店の名物「かき揚げ」735円も頼みました。出来上がって自分の前に置かれた時は、「これ全部食べるの?」と引いてしまうほどの大きさです。しかもどこから食べたらいいのかと悩みさえ起きます。正直言って一人で食べるものではありません。一人で出掛けた僕には失策でした。このお店は魚市場を売りにしていて、味はいたって庶民的です。店員のオバちゃん達の会話も威勢がよく活気があっていいです。



魚河岸 丸天 公式サイト

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都 四つ葉のタクシー ヤサカタクシー

2005年11月19日 | 文化/歴史/技術
やったーぁ!やりました。とうとう「ヤサカタクシー」の幻の四つ葉のタクシーに遭遇しました。仕事で出掛けた京都市内の某社の受付前に待っていたタクシーの一つでした。商談が済んで外に出てタクシーを探すと、「どうぞこちらへ。次は四葉です!」と声高らかに呼ばれて振り向くとそこに四つ葉のタクシーがあったのです。京都は十数年通っていますが、初めてです。こちらに住んでいる方から噂に聞いただけで見たこともありませんでした。運転手さんにいろいろ聞くところによると、公称1200台に4台となっていますが現在1400台のうちの4台だそうです。その中でおなじみの溜色(とめいろ)が3台で黒色が1台です。僕はその黒色に乗りました。乗車記念にいただいた名刺サイズのカードには「四つ葉のクローバー号乗車記念」「あなたに幸運が訪れますように・・・。」と書かれていました。それと四つ葉のマークのシールが同梱されています。裏には「◆お客様からのこんなお手紙が◆」という内容のエピソードのコラムが書いてありますが、これは乗った方の楽しみに内容は公開しないことにします。「皆様からのお便りをお待ちしています」と最後にありますが、メールアドレスが印刷してると更にいいなあと感じました。葉書もいいけどメールの方が多いのでは?それはともかく運転手さんの運転も優しくて乗り心地いいですし、来日したブッシュ大統領が御所から金閣寺に向かう時もお付きの方を載せていっしょに向かった話など楽しく聞きながら過ごしたために、記念に乗車したタクシーを写真に撮り忘れるという失態を犯してしまいました。

ヤサカグループ 公式サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一宮 トラットリア ネロ

2005年11月18日 | 料理/グルメ
上の娘の誕生日記念に「トラットリア ネロ」で夕食会をしました。今年改装してリニューアルされてから初めてです。前からお気に入りのお店で何度か足を運んでいます。イタリア料理は大別するとリストランテとトラットリアになると思いますが、トラットリアの雰囲気が好きです。このお店「ネロ」はお店の方皆さんが気さくな方で気軽な料理店にふさわしいと思います。ディナーメニューからコースDUE(5200円)と単品でピッツアを2品頼みました。さて、このお店で僕が気にっているのは野菜です。以前立ち寄った時、素材は相当いいものだと感じたのでお店の方に尋ねてみたのです。そうしてら「野菜は普通では手に入らないルートで仕入れています。教えられないけど。」と答えられました。「ウン。」そこで今回も野菜が食べてみたくて「野菜のパスタ クリームソース」を注文しました。約束とおりいい野菜です。スパゲティでしたがショートパスタでも相性が良さそうです。本日のコースはアンティパストが「ホタテ アボガド 里芋 水菜のサラダ」「ジャガイモとパンチェッタのロースト」「肉ダンゴのソーセージ トマトに煮込み」です。肉ダンゴは柔らかくとてもジューシーでした。パスタをもう一品「アマトリーチェ」にしました。ネロご自慢のお勧めです。トマトクリームソースが特徴で、ベーコンと合わせていただきます。メインデッシュは「真鯛と野菜のジェノバ風」にしました。歯ごたえの良い白身とスパイスの効いたジェノバソースが良かったです。ドルチェは「パンナコッタ」と「ティラミス」にしました。甘さ控えめの精彩な味です。ピッツア2品は「マルゲリータ」(1060円)と「クワトロフォルマッジ」(1210円)です。「マルゲリータ」は下の娘が好物で「クワトロフォルマッジ」は上の娘の好物です。クワトロと言うからに4種のチーズを使っていますがマスカルポーネ・リコッタ・ゴルゴンゾーラ・モッツァレラです。混ぜるとこんなにも美味しくなるのかと不思議でもあります。以前より美味しくなってグレードアップしていました。生地が違います。ちょっと探しても見つからないレベルです。全体により素材の良さが出るように進化した「トラットリア ネロ」になっていました。

「トラットリアネロは、旨みを引き出すイメージを形にするレストランです。」

って書いてあるもね。



torattoria nero 公式サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加