セントの最新映画・小演劇150本  

観賞数 2017年 映画46本 演劇66本。

劇団 狸寝入‏ 「水平線の歩き方」(作:成井豊 演出:課長風月)(於・関学学生会館) 75点

2017-05-05 19:38:08 | 演劇遍歴

近くまで何回も来たことがあるのに初体験の関学構内。甲東園から坂を上る。まだ5月だというのに暑い。15分とは言うけど、そんな時間では行けない山また山である。

でも成井ものでも最高傑作と(勝手に自分で思っている)誉れ高いこの作品を見られるとあらば、こんな汗かきごとき何をか、、、と勇んでこの劇を見る。

やはり学生らしき少々荒い感の漂う成井劇であったが、最初は堅かった劇もどんどんノリが良くなる。これは彼らの若さであり、彼らの演劇に対する真摯な対応であろう、思ったより断然よろし。

ラスト近くになって、主人公が自分の心情を吐露する頃になると、またあれよあれよという間に僕はボロボロ泣きであった。よかったぞ。来てよかった。ホント、そう言える演劇だった。

採点は他のこの劇を見ているからでもあり、相対的な方法を採った。

 

『演劇』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕とカミンスキーの旅 (2015/... | トップ | 魚クラブ『夜が掴む』(作:... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
劇団狸寝入 (観劇オバケ)
2017-05-16 03:52:29
セント様

キャラメルの作品でしたし行きたかったのですが他公演とも被り断念(><。)

未だ観劇できず。

関学大の劇団は距離もあり一番御縁がないかな。。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL