セントの最新映画・小演劇150本  

観賞数 2017年 映画64本 演劇92本。

劇団ジャブジャブサーキット 「月読み右近の副業」(作・演出 はせひろいち)(於・ウイングフィールド) 80点

2017-06-16 20:31:56 | 演劇遍歴

「今時」って、こんな言い方をするのは失礼だろうか。オーソドックスで、演劇の魅力をいやがおうに知りつつ、されど周りに目もかけず、おのれの信じる演劇だけを創作し、演じることに最高の喜びを感じる劇団がここにいる。

そんな感じがします。この劇団は。

小説の朗読から始まる不思議な劇だ。世間から断然感をもって隠遁したはずの主人公。けれど彼女の周囲では不思議なことが続く、、。

面白い。何かわからないが、この主人公の館はこの世から浮遊している感もある。現実感がないのである。それぞれ登場してくる人物たちは挫折した人たちばかりだ。けれどそれほど絶望感はもっていない。というよりあっけらかんと達観しているようでもある。

彼らは、すなわち現代人の我々の姿でもあるのだ。「共謀罪」という言葉が急に飛び交うわけだから、まさに現実の今の我々の姿である。

でも、お遊びのミステリー話が出てきたり、現代版怪談があったり、観客への労りをはせひろいちは忘れはしない。演劇は観客と一緒に考え作ってゆくものであり、観客と共に生きてゆくものであるからだ。

2時間弱の時間を超える豊饒な詩的イメージが全編を覆い、この楽しきスピリチュアルな劇は急に終わる。けれどこの劇には終わりというピリオドのようなものはない。この無限の時間はさらに続いてゆくはずである。

切ないほど楽しい演劇である。秀作。

『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レミングスの夏(竹吉 優輔 ... | トップ | May「ハンアリ」(作・演出 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

演劇遍歴」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL