セントの最新映画・小演劇150本  

観賞数 2017年 映画64本 演劇92本。

セールスマン (2016/イラン=仏)(アスガー・ファルハディ) 80点

2017-06-22 20:12:17 | 映画遍歴

いつも厭なざわざわ不安感をあおるファルハディの映画。今回は多少ましだったかな。意外とシンプルで、分かりやすい作品でした。その分ちょっと彼らしき毒性が薄まった感もする。「セールスマンの死」との対比は作家風色付けが見え見えで少々鼻白むが、、。

この映画で何点か分からないことがあります。

1.彼女は本当に強姦に遭ったのかどうか。

怪我はしたようだが、その怪我も何故そうなったのか分からない。強姦でなかったら、なぜ男はお金を置いていったのか。強姦された女性が演劇出演するだろうか。(舞台ではひどい状態だったが、でも彼女は一応舞台には立った。普通は強姦されていれば舞台に立つ気力はなかろう)

2.ラスト近く。男が前後不覚になっているとき、なぜ救急車を呼ばなかったか。

妻を呼ぶ時間があれば通常は救急車を呼ぶべきだろう。妻が呼び戻しても、救急車を呼ばなかった。(まあ、あそこで呼んでいればこの映画が成立はしないけど、、) 冒頭の、身障者への救急避難との対比がされるが、そこに意味を採るのか。

3.クスリを置き忘れて家族が取りに来るシーンがあるが、普通は忌まわしい男の置忘れものだから、クスリの置忘れに気づき、すぐ家族に届けるのでは。何か、男を死なせるためのファルハディの作為を感じる。

とか、結構、ファルハディの企みの囲いの中で、この映画は成り立っているのですね。これをどう採るかだなあ、、。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« May「ハンアリ」(作・演出 ... | トップ | 劇団未来「ずぶ濡れのハト」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画遍歴」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL