セントの最新映画・小演劇150本  

観賞数 2017年 映画39本 演劇58本。

しあわせな人生の選択 (2015/スペイン=アルゼンチン) 80点

2017-07-14 19:29:09 | 映画遍歴

思ったより明るく、変に号泣を許さない映画であります。ぺーソスがあり、クスッと笑うシーンも多い。けれど人間の終わりを見つめた作品である。誰もが一度は見るべき映画でもあります。

全然退屈しない。演出が流麗なのである。脚本も良く練られていて、無駄がない。それでもって、俳優陣がみな達者である。これで面白くないわけがない。

ラスト近くの、哀しみを共有する男と女が泣きながらセックスするシーンは驚きもし、感動もした。みんな人間なんだ。そんな当たり前のことにこそ感動する。

終活の話なんだが、4日間という時間の配分で、うまくまとめている。男はそれまでに十分というほど懊悩しているので、もう決めたという潔さもある。それでも、うわべと中身は違うのである。死と向き合うと、人はすべて真摯になり、透いて見えるのであろうか。そんな大きな視感がこの映画にはある。

常に、自分だったらどうなのか、を否が応でも考えさせる映画でもある。そういう意味で老齢者だけでなく、若い人も見るべき映画でもあると思う。死はいつかきっと誰にも訪れる。人生なんて、長いようで、あっという間で、瞬間の出来事なんだという人もいる。

読後感のすこぶるいい映画です、充実感があります。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オフィス・イースト・クラン... | トップ | 猟奇的ピンク 『ただいま』(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL