セントの最新映画・小演劇150本  

観賞数 2017年 映画45本 演劇64本。

セイレーンの懺悔(中山 七里 著)(2016 小学館) 65点

2017-05-03 22:08:08 | 読書遍歴

通常のミステリーというべきか、ちょっと甘い感もする作品である。僕には最初の方から真犯人が匂っていたので、どんなに展開がよれても、それほど意外感もなく、むしろ中山にしては少々失望さえ感じる感想となる。

救いは同僚里谷太一との掛け合いだけだが、ラストではなぜかイケメン刑事とのロマンスに変わっている。どうもすっきりしないなあ。

これからこの中山の作品をどうしようか悩んでいるところである。

群を抜いて面白い作品が多い中、こういう作品もあるんだなあと少々考えてしまう、、。

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冷凍うさぎ「ロックンロール... | トップ | 僕とカミンスキーの旅 (2015/... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
セイレーンの懺悔/中山七里 (本と映画、ときどき日常)
女子高生誘拐殺人事件が発生。 その事件をテレビ局というマスコミの視点から追う。 被害者がいじめにあっていたとの証言から、主犯格の少女をスクープ。 しかし…。 ワイドショ......