セントの最新映画・小演劇150本  

観賞数 2017年 映画64本 演劇92本。

許されようとは思いません(芦沢 央 著)(2016 新潮社) 75点

2016-12-20 23:26:05 | 読書遍歴

5編の短編集。冒頭の表題作が秀逸で思いが残ってしまった。人は死んでもなおかつ死後どの墓に入るのかということがそれほど気になるものなのだろうか。でも最近この手の話、悩みはよく聞く。みんなお気楽なんだねと僕は思うが、実際姓が変わってしまう女性は他人事ではないのだろう。でもミステリーとしてはとても面白い。

次の「目撃者はいなかった」は誰にもひょっとしたらやってしまう蓋然性の高い事件なのかもしれない。それほど卑近な話なのでかなりこの話に心が入ってしまう。嫌な話なのである。でもそんな話は嫌だけど気持ちが自然とのめり込む、、。この心境はよくあるひき逃げ事件にも共通するものなのだろう。

この作品集。悪いが、これ以降質が落ちていくのが分かる。最初からの2作に比べぞくぞくするものがなくなってくる。ただ読まされるだけだ。ちょっと意外で驚く。

この作者のほかの作品はどうなんだろう、、。僕は冒頭の2作が面白く、まあまあかなと思ったが。

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« May「モノクローム」 (作・... | トップ | 溺れるナイフ(2016 日)(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書遍歴」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL