Sightsong

自縄自縛日記

大城美佐子『島思い~十番勝負』

2017-07-08 08:39:02 | 沖縄

大城美佐子『島思い~十番勝負』(tuff beats、-2017年、1962年)を聴く。

大城美佐子 with:
大城琢、ネーネーズ、宮沢和史、宮里恵美子、知名定男、喜友名朝樹、Churashima Navigator、安里勇、前川守賢、徳原清文

1曲ごとに違うゲストを呼んで共演した、文字通り、十番勝負。しかし勝負とは言っても、構えた感じは皆無であり、びっくりするほど自然体。

それにしても美佐子先生は本当に素晴らしいな~。素敵だな~。どこからでも独特のフェロモンがむんむんと発散されている。徳原清文との「でんすなー節」における余裕たっぷりの節回しなんてもう絶品。芸道60年、さすがである。那覇のお店にまた行きたいな~。

知名定男はまさに次のように書いている。もっとも、知名定男本人にも当てはまることだ。

「今のミサーの唄は若い頃の勢いこそないけれど年相応の味わいがある。これこそが芸歴60年の歴史だと感服します。これからも今までどおり肩ひじ張らず、だらしなく(笑)生きていてほしいですね。」

そして最後の11曲目として、1962年のシングル盤「片思い」が追加されている。いま80歳だから25歳頃の筈であり、やはり声に張りがあり、鼓膜を突き刺すパルスもある(嘉手苅林昌『ジル―』でも驚かせてくれた)。今回のChurashima Navigator(DJ)はこれをリミックスしているのだが、いまのビートにのせても自然に最高。

●大城美佐子
大城美佐子『琉球の風と海と月』(2016年)
OKI meets 大城美佐子『北と南』(2012年)
大城美佐子&よなは徹『ふたり唄~ウムイ継承』(2009年)
Leitz Elmarit 90mm/f2.8 で撮る栄町市場と大城美佐子(2007年)
Zeiss Biogon 35mm/f2.0 で撮る「島思い」(2007年)
代官山で大城美佐子を聴いた(2007年)
唄ウムイ 主ン妻節の30年(2007年)
もういちど観たい映画(1) ゴーヤーちゃんぷるー(2006年)
2005年、大城美佐子(2005年)
2004年、大城美佐子(2004年)
高嶺剛『夢幻琉球・つるヘンリー』 けだるいクロスボーダー(1998年)
久高島で記録された嘉手苅林昌『沖縄の魂の行方』(1996年)
知名定男の本土デビュー前のレコード(1975、77年)
大工哲弘『八重山民謡集』(1970年代?)
小浜司『島唄レコード百花繚乱―嘉手苅林昌とその時代』

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 永武幹子トリオ@本八幡cooljojo | トップ | Sono oto dokokara kuruno?@... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

沖縄」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。