Sightsong

自縄自縛日記

アーレン・アルバートセン@妙善寺

2016-09-18 10:17:25 | アヴァンギャルド・ジャズ

西麻布の妙善寺に足を運んで、ノルウェーに帰国する前日のアーレン・アルバートセンのライヴを観る。(池田さん、ありがとうございます。)

Erlend Albertsen (b)
and monks (chant, perc)

それにしても六本木の駅近くにお寺があるとは知らなかった。スマホを片手に歩いていくと、確かにビルとビルの間に入り口があった。

アーレン・アルバートセンさんは長い日本滞在の間に「アライさん」という日本名を得てしまっていた。ウォーン・マーシュを思わせるクールジャズのテナー吹き、ジミー・ハルペリンのライヴにも参加している。それには残念ながら行けなかったこともあって(ハルペリンが最近亡くなったドミニク・デュヴァルと組んだモンク集コルトレーン集は悪くないのだ)、最終日になんとかかれのプレイを観ることができたのは幸運だった。

お寺の本堂。住職さんらふたりが「南無妙法蓮華経」と唱える中で、アーレンが柔らかい音色のベースを爪弾き、弓で弾く。それは本当に驚くほどお経とマッチしており、静かなノリさえも発生していた。太鼓も祈祷もそうだった(これでわたしも健康になる)。いや、静かに驚いた。いいものをみせていただいた。

終わったあと、フレンドリーなひとたちとアーレンの送別会(?)。アーレンはノルウェー在住だということもあって、メテ・ラスムセンアイヴィン・オプスヴィークらの話をした。かれは、オプスヴィークのグループOverseasで吹いているトニー・マラビーが好きだということで意気投合。

Fuji X-E2, XF35mmF1.4, XF60mmF2.4

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドネダ+ラッセル+ターナー... | トップ | スティーヴ・リーマン『Inter... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アヴァンギャルド・ジャズ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。