Sightsong

写真、ジャズ、環境、旅、沖縄、書物、映画・・・発散
(記事検索は、右上の記事検索ボックスで「このブログ内で」を選択)

ロブ・ブラウン『Crown Trunk Root Funk』

2015-10-04 23:14:56 | アヴァンギャルド・ジャズ

ロブ・ブラウン『Crown Trunk Root Funk』(AUM Fidelity、2007年)を聴く。(レコ屋の500円ワゴンで発掘した。)

Rob Brown (as)
Craig Taborn (p, electronics)
William Parker (b)
Gerald Parker (ds)

ロブ・ブラウンはウィリアム・パーカーのグループによく参加している人という印象くらいしかなかったのだが、つるつるとした音で自在に吹きまくる、いいアルトである。オリヴァー・レイクの音色に似ていなくもないが、レイクのようなふん詰まり感がない。ちょっと伸ばしたときに入ってくる異音やよじれ具合もいい。

曲はすべてブラウンの手になるものだが、オーネット・コールマンを思わせるものが2曲あった。このあたりはブラウンの指向性だろうか。

他の3人のメンバーは一騎当千の強者ばかりだ。固く柔らかく支えるウィリアム・パーカーのベースも、サウンドにスパークを与えるクレイグ・テイボーンのピアノも素敵である。また、サウンドが届くフィールドを都度スピルアウトさせるジェラルド・クリーヴァーのドラムスといったら。

●クレイグ・テイボーン
クレイグ・テイボーン『Chants』(2013年)
クリス・ライトキャップ『Epicenter』(2013年)
クリス・ポッター『Imaginary Cities』(2013年)
『Rocket Science』(2012年)
デイヴ・ホランド『Prism』(2012年)
Farmers by Nature『Love and Ghosts』(2011年)
オッキュン・リーのTzadik盤2枚(2005、11年)
ティム・バーン『Electric and Acoustic Hard Cell Live』(2004年)

●ウィリアム・パーカー
エヴァン・パーカー+土取利行+ウィリアム・パーカー(超フリージャズコンサートツアー)@草月ホール(2015年)
トニー・マラビー『Adobe』、『Somos Agua』(2003、2013年)
Farmers by Nature『Love and Ghosts』(2011年)
ウィリアム・パーカー『Uncle Joe's Spirit House』(2010年)
アンダース・ガーノルド『Live at Glenn Miller Cafe』(2008年)
ブラクストン、グレイヴス、パーカー『Beyond Quantum』(2008年)
ウィリアム・パーカーのカーティス・メイフィールド集(2007年)
ダニエル・カーター『The Dream』、ウィリアム・パーカー『Fractured Dimensions』(2006、2003年)
ウィリアム・パーカー、オルイェミ・トーマス、ジョー・マクフィーら『Spiritworld』(2005年)
ウィリアム・パーカー『Luc's Lantern』(2005年)
ウィリアム・パーカーのベースの多様な色(1994、2004年)
Vision Festivalの映像『Vision Vol.3』(2003年)
ESPの映像、『INSIDE OUT IN THE OPEN』(2001年)
アレン/ドレイク/ジョーダン/パーカー/シルヴァ『The All-Star Game』(2000年)
ウィリアム・パーカー『... and William Danced』(2000年)
エバ・ヤーン『Rising Tones Cross』(1985年)
ウェイン・ホーヴィッツ+ブッチ・モリス+ウィリアム・パーカー『Some Order, Long Understood』(1982年)

●ジェラルド・クリーヴァー
クレイグ・テイボーン『Chants』(2013年)
クリス・ライトキャップ『Epicenter』(2013年)
Book of Three 『Continuum (2012)』(2012年)
Farmers by Nature『Love and Ghosts』(2011年)
ジェレミー・ペルト『Men of Honor』(2009年)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015年9月、ニューヨーク(6) ... | トップ | スティーヴ・レイシー『Straws』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。