Sightsong

自縄自縛日記

杉本拓+増渕顕史@東北沢OTOOTO

2017-08-13 09:18:18 | アヴァンギャルド・ジャズ

東北沢のOTOOTOに足を運び、杉本拓・増渕顕史デュオ(2017/8/12)。

Taku Sugimoto 杉本拓 (g)
Takashi Masubuchi 増渕顕史 (g)

ファーストセットにおいては、ふたりとも数少ない音を選び爪弾きあう。どちらかといえば増渕さんは煌くように澄んだ高音を、杉本さんは微妙に鼓膜を振動させるような低音を。しかし役割はその限りではなく、ふたりの発する単音も倍音も、ひりひりとした緊張感の中で発せられどこかに消えていった。

セカンドセットでは、杉本さんは弓によって弦を擦った。聴こえるか聴こえないかの領域にある擦音が、ここまで息を呑むほど官能的とは。増渕さんはそれに対し一瞬の光を撒き続けた。

音の連なりによるサウンドよりも、ひとつひとつの音そのものに集中する、その追及という過程の音楽。

Fuji X-E2、XF35mmF1.4開放

●参照
Spontaneous Ensemble vol.7@東北沢OTOOTO(2017年)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジョン・ブッチャー+ジョン... | トップ | クリストフ・イルニガー(ピ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アヴァンギャルド・ジャズ」カテゴリの最新記事