Sightsong

自縄自縛日記

川下直広カルテット@なってるハウス

2016-05-29 08:03:18 | アヴァンギャルド・ジャズ

入谷のなってるハウスに足を運び、新作『初戀』を出したばかりの川下直広カルテット(2016/5/28)。

Naohiro Kawashita 川下直広 (ts)
Koichi Yamaguchi 山口コーイチ (p)
Futoshi Okamura 岡村太 (ds)
Daisuke Fuwa 不破大輔 (b)

最初にバート・バカラックの「Alfie」、それからホイットニー・ヒューストンの「Saving All My Love for You」、チャーリー・ヘイデンの「First Song」、スタンダード「Misty」、スキータ・デイヴィスが歌った「The End of the World」、カル・マッセイの「Things Have Got to Change」なんかを演って、最後は尾崎豊の「I Love You」。「Misty」においては最初のテナーのカデンツァが激しく、みんな笑いながら愉しそうに入っていった。そして「I Love You」は原曲のメロディーが命だとばかりに即興のソロ廻しはせず吹きあげた。

ヴィブラートが大きく効いていて、音色が濁った川下さんのテナー。つなぎの音にいつもの川下節があらわれる。そして吹く曲はスタンダードやポップス、この硬軟の懐の深さがたまらないのだった。

岡村さんと不破さんはここでは駆動力。シームレスなソロを展開する山口さんのピアノはやはり面白かった。

zu-jaさんも聴きに来ていて、ジャズのことばかり四方山話。

Fuji X-E2、XF35mmF1.4 

●参照
渡辺勝+川下直広@なってるハウス(2015年)
のなか悟空&元祖・人間国宝オールスターズ『伝説の「アフリカ探検前夜」/ピットインライブ生録画』(1988年)
『RAdIO』(1996, 99年)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トニー・マラビー『Incantati... | トップ | ベルトルト・ブレヒト『ガリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。