Sightsong

自縄自縛日記

マリオ・パヴォーン『Blue Dialect』

2017-07-14 11:31:18 | アヴァンギャルド・ジャズ

マリオ・パヴォーン『Blue Dialect』(clean feed、2014年)を聴く。

Mario Pavone (b)
Matt Mitchell (p)
Tyshawn Sorey (ds)

ピアノトリオで、フリーインプロではなく曲を演奏している。ということであれば、他のプレイヤーやスタイルを参照できそうなものだが、この寄る辺なさは何だろう。

マット・ミッチェルのピアノは、コードや曲のストーリーをいちど取り崩して平らにし、その上にあるものを公平に扱っているような、奇妙な感覚がある。かと言ってそこから新たなストーリーを旋律の形で提示するでもない。実は大変に独創的な人なのではないか。

独創的といえばタイショーン・ソーリーのドラムスもわけがわからない。既存の体系とは別の文脈で動いていることは確かなようなのだけれど、多種のスタイルのショーケースでも、もちろん単純なグルーヴやノリでもない。何なのだろう。

●マリオ・パヴォーン
アネット・ピーコック+ポール・ブレイ『Dual Unity』(1970年)

●マット・ミッチェル
マット・ミッチェル『Vista Accumulation』(2015年)
ティム・バーン『You've Been Watching Me』(2014年)
ティム・バーン『Shadow Man』(2013年)

●タイショーン・ソーリー
マット・ブリューワー『Unspoken』(2016年)
『Blue Buddha』(2015年)
イルテット『Gain』(2014年)
スティーヴ・リーマンのクインテットとオクテット(2007、2008、2014年)
マイラ・メルフォード『Snowy Egret』(2013年)
ジョン・エスクリート『Sound, Space and Structures』(2013年)
フィールドワーク『Door』(2007年)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロッテ・アンカー+フレッド... | トップ | 北田学+鈴木ちほ@なってる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。