Sightsong

ジャズ、写真、環境、旅、沖縄、書物、映画・・・発散(記事検索あり)

ダニー・マッキャスリン『Beyond Now』

2016-10-12 23:54:08 | アヴァンギャルド・ジャズ

ダニー・マッキャスリン『Beyond Now』(Agate、2016年)を聴く。

Donny McCaslin (ts, fl, alto fl, cl)
Jason Lindner (key)
Tim Lefebvre (b)
Mark Guiliana (ds)
Jeff Taylor (vo) (2)
David Binney (additional syn, vo) (5 and 9)
Nate Wood (g) (2)

これまでのレギュラー・グループでもあり、またデイヴィッド・ボウイ『★』のサウンドを形成したグループでもある。

エレクトロニカをベースとしたNYのジャズであり、ときにフォーク的、ときにアンビエント的、また亡くなったばかりのボウイをカバーしてもいる。サックス、キーボード、ヴォーカル(デイヴィッド・ビニーも!)が絡んでゆくサウンドが異常に気持ちよく、ほとんどこれは麻薬である。確かに思い出してみれば、パット・メセニーのグループにおいてペドロ・アズナールの参加がもたらした楽園感にも通じるものがある。

それにしてもマッキャスリンのサックスは完璧にコントロールされているように聴こえる。かなりシームレスに吹き続け、音色の綾も、フラジオでの変化も素晴らしい(迫力を出すためにこけおどしでフラジオ域に突入するデイヴィッド・マレイとはえらい違いだ)。キーボード的でもあるのかな。

そして、パラレルに複雑怪奇なビートがひとりの身体から放たれる、マーク・ジュリアナのドラムス。

●ダニー・マッキャスリン
デイヴィッド・ボウイ『★』(2015年)
ダニー・マッキャスリン@55 Bar(2015年)
ダニー・マッキャスリン『Fast Future』(2014年)
ダニー・マッキャスリン『Casting for Gravity』(2012年)
フローリアン・ウェーバー『Criss Cross』(2014年)

●マーク・ジュリアナ
マーク・ジュリアナ@Cotton Club(2016年)
デイヴィッド・ボウイ『★』(2015年)
ダニー・マッキャスリン@55 Bar(2015年)
マーク・ジュリアナ『Family First』(2015年) 
ダニー・マッキャスリン『Fast Future』(2014年)
グレッチェン・パーラトの映像『Poland 2013』(2013年)
ダニー・マッキャスリン『Casting for Gravity』(2012年)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生活向上委員会2016+ドン・... | トップ | シーア・シェアイック『世界... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。