Sightsong

自縄自縛日記

リチャード・グルーヴ・ホルムズ『Spicy』

2017-05-20 14:23:42 | アヴァンギャルド・ジャズ

リチャード・グルーヴ・ホルムズ『Spicy』(Prestige、-1967年)を聴く。LPオリジナル盤。

Richard "Groove" Holmes (org)
Gene Edwards (g)
"Boogaloo" Joe Jones (g)
Richard Landrum (conga)
George Randall (ds)

多くの人が愛しているに違いないリチャード・グルーヴ・ホルムズ節。イケイケでオルガンの和音を、一、二の三と重ねてゆき、高みに持ち上げたかと思えば潔くリリースして、また旋律を弾きまくっている。しかも、「A Day in the Life of a Fool」(=カーニバルの朝、黒いオルフェ)、「Work Song」、「When Lights Are Low」、「Old Folks」といった有名曲の数々もすべて独自サウンドに塗り替えられている。いやー、イイなあ。

ここでブーガルー・ジョー・ジョーンズが登場するのだが、まだ実は「Boogaloo」の綽名は付いていない。当時のライナーには「ドラマーではない」と書かれていたりする新人なのだった。まだ個性むんむんではないが、やはりかれの太いギターの音。

●ブーガルー・ジョー・ジョーンズ
ブーガルー・ジョー・ジョーンズ『What It Is』(1971年)
ブーガルー・ジョー・ジョーンズ『Right on Brother』
(1970年)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ユリエ・ケア3、リーマ@ス... | トップ | メテ・ラスムセン+クリス・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。