Sightsong

自縄自縛日記

纐纈雅代トリオ@新宿ピットイン

2017-08-13 23:09:03 | アヴァンギャルド・ジャズ

久しぶりに新宿ピットイン昼の部、纐纈雅代トリオ(2017/8/13)。

Masayo Koketsu 纐纈雅代 (as)
Nobumasa Tanaka 田中信正 (p)
Ittetsu Takemura 竹村一哲 (ds)

見るからに期待できるメンバーである。しかも開けてびっくり、セロニアス・モンクの曲ばかり。

「Reflections」では、ピアノが何かを探るように音を繰り出してゆき、主旋律に辿りつく過程に、ちょっと驚かされた。やはり田中信正というピアニストは特別である。纐纈さんのアルトには、吹く前に「うぐぐっ」と詰まる表現がある。「Skippy」ではまるで3人のバトルであり、その中でもエッジを効かせたピアノが面白かった。「Off Minor」ではアルトから入り、田中さんのピアノは手でそのあたりを叩きながらモンク的に調子はずれな音を叩きつつも、やがて和音を放つとこちらのツボを直撃する。纐纈さんのアルトは闊達に、濁った音の長い旋律を含め、休まず攻める。「Jackie-ing」は竹村さんの放つ強いリズムではじまり、一風変わったブルースとして、盛り上げてゆく。3人がぴたりとハマるときの快感といったらない。纐纈さんは渾身の力で吹き、竹村さんはストップ&ゴー、遊びもあった。

セカンドセットは「Hackensack」から。アルトは朗々として音切れも明確であり、力が満ちている。「Ask Me Now」は、やはり解体的なフラグメンツから旋律に収束してくるピアノ。纐纈さんのアルトはピアノとのデュオで抑制気味だが、ドラムスが入るとギアを上げてゆく。「Epistrophy」は独特のリズムで先導され、アルトがとにかく音を詰めてゆく。「Ugly Beauty」などを経て、アンコールは「'Round Midnight」。纐纈さんは管全体を共鳴させ、静かさと爆発的なものとを共存させもした。

独特極まりないモンクの曲に対してこの多彩な表現。『纐纈雅代 Plays Monk』にでも結実すれば面白いな。

●纐纈雅代
渋谷毅オーケストラ@新宿ピットイン(2016年)
纐纈雅代@Bar Isshee(2016年)
板橋文夫+纐纈雅代+レオナ@Lady Jane(2016年)
纐纈雅代『Band of Eden』(2015年)
鈴木勲セッション@新宿ピットイン(2014年)

渋谷毅オーケストラ@新宿ピットイン(2014年)
纐纈雅代 Band of Eden @新宿ピットイン(2013年)
秘宝感とblacksheep@新宿ピットイン(2012年)
『秘宝感』(2010年)
鈴木勲 フィーチャリング 纐纈雅代『Solitude』(2008年)

●田中信正
森山威男3Days@新宿ピットイン(2017年)
松風鉱一トリオ@Lindenbaum(2008年)

●竹村一哲
纐纈雅代『Band of Eden』(2015年)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリストフ・イルニガー(ピ... | トップ | ジェフ・パーカー@Cotton Club »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。