Sightsong

自縄自縛日記

ジョージ川口『Plays Herbie Hancock』

2017-05-14 10:04:33 | アヴァンギャルド・ジャズ

ジョージ川口『Plays Herbie Hancock』(King Record、1987年)を聴く。

George Kawaguchi ジョージ川口 (ds)
Terence Blanchard (tp)
Donald Harrison (as, ts, bs)
Hideo Ichikawa 市川秀男 (p)
Cyrus Chestnut (p)
Takashi Mizuhashi 水橋孝 (b)

何も和ジャズでレアグルーヴでといった代物ではなく、80年代ジャズの匂いがぷんぷんするサウンド。特にアメリカの3人は出てきて勢いがあった頃であり、かれらを日本のヴェテランが起用する面白さを狙った作品ということである。うわなんじゃこれという目新しさや鮮烈さは無い。

とは言っても、なかなか聴き所があって面白いのだ。ジョージ川口はいかにもジョージ、遮二無二、どうだとばかり叩きまくり、特に「The Eye of the Hurricane」なんて押されまくる。昔のプロ野球の映像を観ているような感覚。

テレンス・ブランチャードも巧くて良いのだが、やはり個人的にはドナルド・ハリソン。特に「Watermelon Man」や「Maiden Voyage」でのソロなんて、じんわりと味が滲みだして大好きである。これは昔も今も変わらないキャラに違いない。ふたたびテレンス・ブランチャードのように大舞台に戻ってきてほしいが、かれのようにトレンド的にウケることなんてしないんだろうな。

●テレンス・ブランチャード
テレンス・ブランチャード『Breathless』(2015年)
テレンス・ブランチャード『Magnetic』(2013年)

●サイラス・チェスナット
サイラス・チェスナット『Earth Stories』、最近の演奏(1996年-)

●水橋孝
ジョージ大塚『Sea Breeze』(1971年)

●市川秀男
ジョージ大塚『Sea Breeze』(1971年)
菊地雅章『POO-SUN』(1970年)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キャサリン・シコラ『Jersey』 | トップ | 徳永将豪+中村ゆい+浦裕幸... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アヴァンギャルド・ジャズ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。