Sightsong

自縄自縛日記

ウォルフガング・ムースピール『Rising Grace』

2016-11-20 08:52:57 | アヴァンギャルド・ジャズ

ウォルフガング・ムースピール『Rising Grace』(ECM、2016年)を聴く。

Wolfgang Muthspiel (g)
Ambrose Akinmusire (tp)
Brad Mehldau(p)
Larry Grenadier (b)
Brian Blade (ds)

オールスターメンバーの名前に驚いて入手してみたものの、理知的な人ばかりの上品なセッションであり、いまひとつ惹かれない。ムースピールはバッキングもときに前に出てのソロも悪くないのだが、かれが登場してきたころの、たゆたいながら力強くサウンドの連続性を押し出してくるような個性は、もはや希薄。とはいえ、やはり理知的なトランペットを吹くアンブローズ・アキンムシーレとの親和性はあるようで、大音量で音の重なりに耳を傾けていると、うっとりもする。

不幸なことに、わたしはブラッド・メルドーのピアノやキーボードにただの一度も「感じた」ことがないのだが、ここでのピアノは好きになった。しばしば色気でぬるりと輝くピアノのフラグメンツが見えてきて、またときにフォーク的でもあったりして、とても良い。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メアリー・ハルヴァーソン『A... | トップ | 小川紳介『三里塚 五月の空... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アヴァンギャルド・ジャズ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。