Sightsong

自縄自縛日記

柳川芳命『YANAGAWA HOMEI 2016』

2016-10-25 07:34:52 | アヴァンギャルド・ジャズ

柳川芳命『YANAGAWA HOMEI 2016』(極音舎、2016年)を聴く。

Homei Yanagawa 柳川芳命 (as)
Bungo Niida 新井田文悟 (b) (track 1)
Ryo Fujita 藤田亮 (ds) (track 1)
Meg (ds) (track 2)
Takumi Yoda 依田拓 (perc/electronics) (track 3)
Shigeru Sato 佐藤シゲル (b, b-taishogoto) (track 4)
Masanori Ishii 石井正典 (ds) (track 4)
Akie Oba 大庭彰恵 (drawing)

私は『地と図 '91』(1991年)と『邪神不死』(1996-97年)の2枚を聴いたのみだが、本盤は、10年ぶり9枚目の作品だという。ここでは、ソロではなく、デュオまたはトリオによる演奏である。

やはりというべきか、内臓を直に触られるようなぞくりとした心持を覚える。ソロであろうとデュオ、トリオであろうと、柳川さんのアルトから流れ出る音からは、哀や怨といった強い念がどうしても感じられる。やはりアジアなのだ。

特に、パーカッション・エレクトロニクスと共演した3曲目からは、韓国を想起してしまうがなぜだろう。パーカッションがそれを思わせるからだけではない。このアルトは金石出の笛などと重なってゆく。柳川さんは、韓国伝統音楽の人たちと共演したことがあるのだろうか。

名古屋近辺ではいつもこんな音楽を繰り広げているのか。東京ではなかなか観る機会がない。

●柳川芳命
柳川芳命+ヒゴヒロシ+大門力也+坂井啓伸@七針(2015年)
柳川芳命『邪神不死』(1996-97年)
柳川芳命『地と図 '91』(1991年)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アネット・ピーコック+ポー... | トップ | ドレ・ホチェヴァー『Transce... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アヴァンギャルド・ジャズ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。