Sightsong

自縄自縛日記

トニーニョ・フェハグッチ『a gata café』

2016-12-20 14:49:15 | 中南米

トニーニョ・フェハグッチ『a gata café』(Boranda、2016年)を聴く。

Toninho Ferragutti (accordion)
Cássio Ferreira (sax)
Cléber Almeida (ds)
Thiago Espírito Santo (b)
Vinícius Gomes (g)

フェハグッチはブラジルのアコーディオン奏者。

まったくよどみのない指と蛇腹の動きで、少し甘いようなアコーディオンの音色が、同じ音域にあるサックスの音色と、実に気持ちよく絡んでいる。こういう音楽を聴くと、身体も心も弛緩して、街角の石畳やカフェや陽だまりなんかをイメージしてしまう。人いきれの音楽でもあり、都会の音楽でもあるんだな。

タイトル曲は「猫のコーヒー」という意味だそうで、それはジャコウネコのウンチを通過させたコピ・ルアックのことなどではなく、猫がゆるりと自分の場所を決め込んだりするカフェで飲むコーヒーのことかな。2曲目の「Egberto」は、エグベルト・ジスモンチに捧げた曲だろう。ああ旅に出たい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宮沢昭『木曽』 | トップ | ジョン・ブッチャー+トマス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。