Sightsong

ジャズ、写真、環境、旅、沖縄、書物、映画・・・発散(記事検索あり)

屋良朝秋+上原淳+大城涼子@寓話

2016-10-19 23:32:22 | アヴァンギャルド・ジャズ

那覇の寓話には2005年にいちどだけ行ったきりで、そのときには屋良文雄さんもご健在だった(屋良文雄さんが亡くなった)。今年になって、建物の老朽化に伴い、松山のほうに移転したと読んで、実に11年ぶりに足を運んだ。

お店はなかなかお洒落なつくりで、旧店を意識したのだという。バーカウンターもそのまま持ってきている。入るや否や、屋良文雄さんの奥様や息子さんの屋良朝秋さんがフレンドリーに接してくれて、すぐにリラックスしてしまう。他のお客さんも含めて、とても居心地のいい場所なのだ。

屋良朝秋 (p)
上原淳 (b)
大城涼子 (cl)

演奏は曜日によって異なるようで、この日はその屋良朝秋さんのピアノに、ベースとクラリネット。「Tennessee Waltz」、「The Girl from Ipanema」、「Softly, as in a Morning Sunrise」、「Misty」など馴染み深い曲の他に、なんと「It's a Sin to Tell a Lie」なんていうオールド・ナンバーも演奏した。そして「これしか歌えないんだよ」というお客さんが、カンペを片手に「Summertime」を歌ったりもした。

屋良さんのピアノは「ゴキゲンなスイング」と言いたくなるような演奏。上原さんのベースも大城さんのクラリネットもあたたかい音色で、実に多幸感あふれる時間だった。好きな場所になってしまった。

壁には、なんと、亡くなったばかりの真喜志勉(TOM MAX)の作品がいくつも飾ってある。なんでも屋良文雄さんと親しく、演奏している横で作品を創作することもあったそうだ。作品の中に屋良さんのレコードジャケットが入れてあったりもする。欲しい!

真喜志勉さんは、また、山下洋輔とも親交があって(『越境広場』1号の真喜志勉追悼特集には山下さんも寄稿している)、その縁で、今度(2016/11/1)に沖縄県立博物館・美術館でも追悼演奏を行う(>> リンク)。そしてそのあとには、この寓話でセッションをやるのだという。ああ、また那覇に行きたい。

Fuji X-E2、XF60mmF2.4、XF35mmF1.4

●参照
屋良文雄さんが亡くなった(2010年)
田代俊一郎『沖縄ジャズロード』(2015年)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「日本民藝館80周年 沖縄の工... | トップ | 2016年10月、コザ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ぜひ (クイナ2号)
2016-10-20 21:01:18
Tom Max展、いま一番の楽しみです。
Sightsongさん、また那覇にめんそーれよーたい♪
ぜひぜひ (齊藤)
2016-10-20 21:34:06
TOM MAX展は羨ましいですね!
今回は3年も開けてしまったので、那覇がとても新鮮でした。
(お久しぶりです。)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。