きのうはやあるきのじいさんにおいぬかれる

大会参加に旅ラン、日々の走行記録を淡々と綴る予定でしたが・・・走りながら思うのはどちらかといえば暗い話題ばかり・・・。

半分足りないぐらい讃岐街道でおはかまいりへ

2017-06-10 17:00:52 | 遠くへ~少しだけ非日常
今日は必然的におはかまいりへ。
そして今日は国道ではなく脇道の県道を行く。まだ特急ではない朝イチの路線バスが走った頃に、逆向きに走ったことはある。以下、今日の風景。

こんぴら街道とか讃岐街道とかトレースを試みるもリサーチ不足でこの辺りが今ひとつ分からんのだが、とりあえず分岐が結構あって、トレースしづらい。結局この先が分からず、一旦国道に出る。

すぐ県道へ。久々の道。

最近できたらしい名前忘れた。平日ならバスが通っているので、地麦でも売っていれば是非寄りたいが。

分岐を右へ。

お地蔵様。

これは助かった。間違えるところだった。食べられたくはないので左へ。

街道というより普通に山道。アップダウンがそこそこある。

で分岐。この辺りは何度か来ないと分からん気がする。

少し降りてきた感はあったがまだまだ高いところを通っているようで。分岐を右、そして高速の下をくぐって更に分岐を左。表示があるので有り難い。

で表示のないところで案の定間違える。家の傍には飼い犬君。軒下でスマホを弄っていた方に「行き止まり?」と尋ねる。当然のように肯定。引き返す。儂のスマホはアンテナ立ってなかったぞ。

さらにアップダウンを繰り返して進む。もう市境越えたのかどうかさえ分からん。

そういえばここは走ったな。121.1ポイント。

で、一旦降りてまた上がる。こんな感じで来た道を振り返ると結構上っている。

最後と思われる峠を越えて、下りをゆっくり走っていたら蜂に追いかけられる。影が近付いてきたので分かった。全力疾走で蛙の石へ。蜂も怖い蛇も怖い。山は行かんに越したことはない。因みにこの辺りはまむしをはめという。

ようやく見えてきた。

で、バス通りに出るが、時間が中途半端になったので少しだけ寄り道。中学の部活のときのランニングコース。3キロもなかったはずだがこれがきつかったのを覚えている。35年振りか。どう見ても飼い犬じゃない野良君が見えたので撮影。

おはかについた。1号2号3号にごあいさつ。御先祖様にも。

もう余力は全然残っていない。29キロ4時間で終了。夜は呑み会だが、もう我慢できんということで3本空ける。
距離はたいしたことはないが、アップダウンが多くて苦戦した。帰りの特急バスで爆睡する。
『マラソン(ランニング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 形而上的なものは信じないが | トップ | コルサコフの翌日 »

コメントを投稿

遠くへ~少しだけ非日常」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。