きのうはやあるきのじいさんにおいぬかれる

大会参加に旅ラン、日々の走行記録を淡々と綴る予定でしたが・・・走りながら思うのはどちらかといえば暗い話題ばかり・・・。

超ポジティブスプリット、って

2017-03-06 19:58:00 | 真面目な練習
ワタシの話ではなく、神戸M君。

走り(ハマり)始めは遅かったが、走る要領掴むのは上手いと思っていたし。で、何となく今回の篠山は快走の予感がしていたが。

んー。すごすぎ(ごめん勝手にキャプチャ)。
タイムは勿論のこと、やはり初めからぐいぐい行ってる、というのが何とも凄い。凄いに加えて、どうしてそこまで思い切って突っ込めるのかと。
練習、なんだろうな多分。儂も今回の愛媛は後半絶対に脚はやられないと思っていた根拠が、やはり練習。ポジティブかネガティブかの違いはあるけれど。
それでも、儂なんかより多忙でかつ卓球が本職の人にここまで極められると、まだまだ自分の取り組み方に甘さがあるんだろうなと、まあ正直そういうことを感じる。
実際、駅伝用の練習が全然できてなかったりする。時間が取れてなかったのに加え体調不調も重なったのは確かだが、そういうことを綴るということ自体甘い。
いかんなあ、ということで、今日は出勤時に練習。

着いてからプラスで走るのはしんどいからと、残り1キロだけ全力走を試みるが、力を抜いたわけでもないのに4分40秒。
荷物がいつもより重いのにプラスアルファを嫌うから、こんな数字が出る。
で職場に着いて荷物を門の陰に置いてから追試。周りを2周走っての1500メートル走。駅伝前によくやる練習。

今日の靴はGT―2000。
1周目が3分5秒で、あら案外楽にタイムが刻めたと思って2周目上げたつもりが3分15秒。結果ポジティブスプリットといいたいが気持ちそこまで突っ込めてない。勿論これで5キロ持てば上等であるが。それより体調不調で距離はこれぐらいが限界。
さて明日もできるかどうか。ポジティブスプリットではなく、心拍数上げ上げ練習。
『マラソン(ランニング)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時間を提供する、ということ | トップ | ついに「日米親善錦帯マラソ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ぽっかのせいかも (神戸M)
2017-03-06 23:08:27
篠山前の練習で、想定ペースをどんだけにしようかと考えて。福知山の前は5分にするつもりで1ヶ月前の練習でハーフ1時間45分切りできていたので、4分45秒か、4分30秒かと。いや、福知山では30kmまで4分45秒キープできてたな、じゃあ今回は4分30秒で。そんな感じでスタートからのペースアップの目標を考えてました。1年前の篠山の前にぽっかから「おまえならサブスリーいける」みたいな(無責任な…)コメントがあって、4分15秒が今のところの最終目標だし、初マラソン走る前に「大会に出場したら練習より絶対速く走れる」と教えてもらったのは今でも絶対そうだなと思っているので、最初の12,3kmは相当突っ込んでいって「よし、想定通り」と思ってましたよ。
早々に足に痛みが出て突っ込めなくなりましたが、最後まで足がもったのはラッキーでした。
言う方も言う方だが (さいさん)
2017-03-07 21:52:31
突っ込む方も突っ込む方ですな。そんなにシンプルに15秒刻みで考えるということ自体が凄い。恐れ入りました。ワタシなんか自然にブレーキがかかるというか、やはりフルで四時間切り始めた頃に30から35キロ過ぎて普通によく失速していたから、その辺りのトラウマみたいなのがあるんかもしれませんね。

コメントを投稿

真面目な練習」カテゴリの最新記事