きのうはやあるきのじいさんにおいぬかれる

大会参加に旅ラン、日々の走行記録を淡々と綴る予定でしたが・・・走りながら思うのはどちらかといえば暗い話題ばかり・・・。

今年度初の30キロ走は脚が出なくなってからどこまで落ちるか探ってみる

2017-06-18 15:23:00 | 真面目に走る
夏至前の今日、今年度初の30キロペース走。神戸M君にインスパイアされて。儂も競技場とかで練習してみようかと、かぼちゃ公園にでも行こうかと思ったが、そういうマメさはなく、結局いつもの御近所周回3キロコースへ。
きつかったのなんの。終了2時間程経ったがまだ気分悪い。体重は久々に基準値を下回り前日より4キロ落ちた。元に戻るのは早そうだがびっくりである。10時半開始で気温は25度ぐらい。風は次第に西から強くなっててきた。3~4メートルかそれ以上。
以下、結果。まずは前半。

1周目:14分40秒
2周目:15分00秒
3周目:14分45秒
4周目:14分55秒
5周目:15分00秒
ここまでは、1時間14分20秒でまずまず。但し、5周目で既に脚が出にくくなってきている。出そうとするが出ない。

6周目:15分20秒
7周目:15分45秒
8周目:16分00秒
9周目:16分40秒
10周目:17分05秒
後半だけで、1時間21分50秒となる。トータルで2時間35分10秒という結果。
ハーフで貯金を吐き出し、今日はこの辺りが限界だった様である。ペースが落ちているのは分かったが、今日は止めずにどこまで落ちるかというのを計ってみた。維持するとか持ち直せるとかは考えられなかったが、そんな感じでは無かったからだろう。やはり、ここで止まるというのは無くて、ずるずるとどこまでも落ちた。気持ちはしっかりしていたが、脚が出ないのと呼吸が苦しいのとでどうしても持ち直せない。因みに途中の補給はせず。

失速はしたが、暑い時期でもやろうと思えばやれるもんである。尤も30度超えると流石に難しかろうが。
シャワーして、スポドリ500補給して、で、さっきまで、30分ほど床に寝っ転がって寝てた。麦摂ろうとか思わんぐらいきつい。記録は全然駄目だし、ハーフまでしかペース維持できていないのも確かだが、この時期こういうダメージ後の確認みたいなことができて、また追い込んだ練習ができたというのは良しである。やはり30キロ走というのは、重みがある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 計2リットル呑んで4時間後... | トップ | ノルマをこなすだけ »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ペース走 (神戸M)
2017-06-18 22:56:12
17日のペース走は、トラックがぴったり400mだったとすると61分17秒で14km。キロ4分23秒ぐらい。トラック練習ってなかなかいいなと思いました。
サブスリー? (さいさん)
2017-06-19 00:32:47
私にとってそれはペース走というより全力走。5キロぐらいまでなら出せると思うが、14キロは無理。凄いね。14キロということはほぼフルの1/3だから、サブスリー・ペース。どんどん進化していますね。凄いです。
訂正 (神戸M)
2017-06-19 21:16:14
1周数え間違えてました。1時間1分9秒で13.6km、キロ4分29.8秒でした。結構ダメージありました。
充分凄いけど (さいさん)
2017-06-19 21:46:44
ホントに?
それでも充分凄い。長く走るのは苦にはならんけど速く走るのは物理的に無理。だから余計に凄いと思います。怪我せんようにやれたら。お互い。これは本音。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。