いなかのばぁば♪

自然大好き☆75才で(2013年)ブログはじめました。
ビデオ撮りが趣味です。
野の花が好きです。

2016-10-19 20:52:27 | 日記
先日の久しぶりの晴天の日、柿を取った。



じぃじが木に登って枝を切り落とす。



少し取ったつもりが、集めてみたらコンテナ一杯あった。



ピーラーで皮を剥いた。



一個を四つ切りにして干した。



この柿は甘い柿のはずだが、先の所が甘いだけで蔕の方は渋い変な柿。

干しても渋柿の様な甘みは出ないので簡単に切って干した。

皮は娘が漬け物に使うから欲しいと言うので干した。



渋柿は少ししか取れなかった。

焼酎をふりかけ袋に入れてみた。



甘くなってくれればいいな




読んで頂きありがとうございます。

↓↓↓ボタン(バナー)クリック宜しくお願いします♪

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医者 | トップ | アケビ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
秋ですね (しおかぜ)
2016-10-20 07:09:56
おはようございます、

今年もたくさんの柿がなりましたね。
こうして季節ごとに身をつけてくれる果物は嬉しいですね。実家にも大きな甘い柿の木がありました。

これは何日くらい干されれますか。
日持ちもよくなり、甘さも増すでしょうね。
食べる楽しみができましたね!
さすがの達人 (放念の翁)
2016-10-20 15:40:16
何と今日は真夏日の気温でして、どうも気象の変化
が激しすぎます。

しかしいろいろと暮らしの技をご存じで驚きます。
私の知人にも山村暮らしのプロがおりますが、ここ
までの知恵はないようですね。これが日本の食文化
であり達人でしょう。

こうしたブログを再編して、加工方法を加えて上梓
をされてはと思いますね。

季節の果物! (ゴッドばあさん)
2016-10-20 18:20:36
今日は無花果をいただきました。
鳥も来ないし、むし・アリにも食べられていない
今回はジャムにしないで、そのまま食べます。
柿は保存食になりますので、たくさん収穫して
冬のお茶うけにできますね・・・・
柿の収穫 (あきこさん)
2016-10-20 19:43:16
おいしい柿が沢山と収穫できましたね。
まだ少し青いようですが、、

手のかかる柿のむきも手早くされたようですね。
後は、いただくだけでしょうか~
しおかぜさんへ (いなかのばぁば)
2016-10-20 20:54:08
こんばんは
コメントありがとうございます。

今年は柿の当り年です(一年ごとに柿の生る年と生らない年がある)
何処の柿の木も枝が折れるかと思ほど柿が生ってます。

私の干し柿も天気が続いたので随分乾きました。
放念の翁さんへ (いなかのばぁば)
2016-10-20 21:02:01
こんばんは
コメントありがとうございます。

本当に気温の変化についていけません、
日中、戸開け払って汗したのに、夜寒くてストーブ焚いてます。

私っていかに昔風に暮らしているのでしょうね 笑!
もったいないの精神で暮らしてまして 私!
ゴッドばあさんさんへ (いなかのばぁば)
2016-10-20 21:07:20
こんばんは
コメントありがとうございます。

無花果美味しいですね〜、私はちょっと苦手です笑!
生もジャムも あのツブツブが、部分入れ歯に邪魔します情けない。

干し柿はじぃじの冬のオヤツです。
あきこさんへ (いなかのばぁば)
2016-10-20 21:13:40
こんばんは
コメントありがとうございます。

ご近所さんが少し前に干し柿作ったら、雨続きで、青カビが付いて
全部捨てたそうです、私は柿の皮を剥いてからお日様が出て居て
随分乾きました、カビは大丈夫と思いますが! 祈るだけです。
 (六花)
2016-10-22 13:16:17
柿がならないので 始末の方法を読んでも
ピント来ませんでした。
漬けると 干すと甘くなるのですね。

ここでは 干し柿は買う物で 中国からの輸入ものが
多くて食べません。
自分の家のは食の安全が守られて良いですネ
六花さんへ (いなかのばぁば)
2016-10-22 20:34:30
こんばんは
コメントありがとうございます。

原始的な暮らししてます、でも、自分で作ると安心ですね。

干し柿 えぞをさん好きでしたね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL