府中市議会議員 目黒重夫昨日・今日・明日

周囲の出来事を思いつくまま

一般質問「基金について」

2017-06-15 12:16:10 | 議会
「ため込みすぎ」を質問しました
昨日で6月議会一般質問が終了した。私は基金の「ため込みすぎ」を取り上げた。府中市の基金残高は現在620億円、中でも公共施設整備基金は180億円。この4年間で一気に増えている。余ったお金をどんどん積み立ててきたからだ。通常基金は、対象事業に対して基金からいくら充てるかを決め積み立てをする。

例えば庁舎建設基金は当初総事業費が150億円(現在は205億)だったので半分を市債、残りを基金でということで積み立て目標を75億円とした。しかし公共施設整備基金は、これから公共施設の老朽化にお金がいるだろうという理由で積み立てをしている。老朽化対策はいいのだが、もっと対象事業と金額を明確にと主張した。またいつの間にか公共施設の用地所得や再開発の保留床購入にも使われているが、何でもありはやめるべきと訴えた。

市長は「ため込みすぎは当たらない」と言い切ったが、多摩26市中、府中の市民1人当たりの基金残高は173,000円、武蔵野市に続いて2番目。しかも5位以下は9万円以下、これだけ見ても多すぎるのは間違いないと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「読売新聞」大丈夫か | トップ | 「アベNO府中」第24回 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。