府中市議会議員 目黒重夫昨日・今日・明日

周囲の出来事を思いつくまま

府中市財政は今②

2016-10-18 17:44:51 | 議会
増え続ける基金残高
府中市財政の一番の特徴は基金(貯金)の多さだろう。グラフでも分かるように15年度末で569億円。基金には財政が苦しくなった時のための財政調整基金と特定目的(庁舎建設のような大規模事業)のために積む基金に大別される。リーマンショック後には財政調整基金を使ったこともあるが、今はあまり使われず残高は70億円を超えている。特定目的としては庁舎59億円、公共施設整備145億などがある。一般的に目的を達成したら基金総額は減るはずだが、府中は400億を切ったことがない。いろんな理由をつけて貯め始めるからだ。
府中ならではの特徴が利子運用基金だ。かつて利子が高かった時代、利息収入で経常経費を賄おうとしていた。その残高は公共施設管理基金41億円、福祉基金38億円となっている。もちろん現在は利子運用は機能していないが、苦しくなったとき取り崩して使ったこともある。つまり第2の財政調整基金みたいな役割を果たしている。こんな自治体はほかにあまりないだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 府中市財政は今 | トップ | 府中市財政は今③ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。